もう迷わない。長期の海外旅行で必要な荷物とおすすめのカバンはコレ!【メンズ】 | thedeeprivers

もう迷わない。長期の海外旅行で必要な荷物とおすすめのカバンはコレ!【メンズ】

トリノス

2ヶ月間、ひとりでヨーロッパを周遊した経験があります。

長期的な旅や旅行のおいて出発の前の準備で最も迷ってしまうコト、それはズバリ【荷物】ですよね。

あくまで僕の個人的な荷物事情ですが、あなたの1つの目安になれば幸いです。

スーツケースではなく、バックパックという選択

・9カ国を周る移動の多い旅だった

・ヨーロッパは石畳が多いと聞いていた(実際に多かった)

以上のことから、移動が困難になるスーツケースは除外。

バックパック(リュック)で行くことを検討(決意)しました。

実際に石畳の多いヨーロッパでしたが、特にポルトガルはヤバい。首都リスボンと第二の都市ポルトにいきましたが、どちらも坂&坂&坂。そして坂道の上を石畳がコーティングしています。

ポルトガルへ行く方、スーツケースはおすすめしません。

バックパッカーの経験はなし

バックパックを担いで国から国を旅するとはいっても、海外はおろか国内でも、所謂バックパッカーを経験したことはありません。

海外へ行くのも2度目(1度目は香港で1泊のみ)でした。

我ながらよく2ヶ月間もひとりで海外に行ったものだと思います。

旅行者以上バックパッカー未満

ガチのバックパッカーでもなく、かといってツアーで旅行するのも何か面白くない…

僕と同じことを考えている人って多分一定数いると思います。『旅行者以上バックパッカー未満』というか。実際に海外でも多く見かけました。

ここまで読んでくださっているあなたもそのひとりですね。

そんな僕とよく似たあなたにおすすめしたいのが、このバックパックです。

【カバン】旅行用バックパックはF/CE.

バックパックは、F/CE. NO SEAM DAY PACKをチョイス。選んだ理由を説明します。

僕はこの2つのカバンで2ヶ月間ヨーロッパを周りましたが、結論からいうと、この2つで十分でした。

旅行用カバンの三大必須項目(+1)

必須項目1.軽量

まず圧倒的に軽いということ。軽さは命です。

旅行や旅において荷物の軽量化は必須、荷物が多いと割とガチで命取りになりかねません。

F/CE.の重量は約900グラム。

35リットルの要領で900グラムは軽量かなり軽量な部類でしょう。もちろんガチのバックパックや登山用カバンならさらに軽量なものもあると思いますが、普段のタウンユースでも使いたかったので、コレをチョイスしました。

良い意味でガチっぽくない見た目が気に入ってます。

必須項目2.頑丈

次に、長期的な旅行の場合、大切な荷物を守るカバンは頑丈でなければなりません。

特殊機械に重ねて入れた2枚の生地(パーツ)に圧力をかけ、電磁波を流すことにより、耐久性のある縫い目のない接合部に仕上がります。

ZOZO

F/CE.のノーシームデイパックは軽量であると同時に独自の加工技術を用いた高い耐久性もあります。

必須項目3.防水

軽量、頑丈、そして防水。

旅行用カバンの三大必須項目です。

メインの素材にはCORDURA 500デニールのリップストップファブリックを使用し、防水かつ安心の強度を併せ持つことが可能に。

ZOZO

 

非常に高い防水性をほこるコーデュロイ素材を使用し、さらに文字通りシームレス(縫い目0)のブランド独自の特殊加工を施すことで水を完全にシャットダウンします。

おしゃれ

さらにダメ出しでもう一点、これだけの機能性を備えていながらF/CE.のバックパックはファッション性もあります。

ちなみにフェスやライブ参加でもF/CE.を愛用しています。

2016-09-07 (4)

【荷物】2ヵ月間の旅行で必要だった15のモノ

1.パスポート

言うまでもなく必須中の必須ですね。(なぜ10年で申請しなかったのか…)

unnamed-40

created by Rinker

2.スキミング防止ウエストポーチ

海外ではクレジットカードの情報を勝手に抜き取られるスキミング被害が多発しているらしいという情報をキャッチ。すぐさまAmazonで注文したのがコレです。

僕はこのポーチに、パスポート、現金、カード、大事なものを全て入れていました。

ポイントは圧倒的な薄さです。

正直頼りなく思ってしまうほどに薄い…

でももちろん大丈夫です。防水設計なので、僕は毎日シャワーを浴びるときも持っていってました。

一見するとウエストポーチをしているのかどうかわからないほどの薄さです。上からアウターを着てしまえば本当に分かりません。

unnamed-38

created by Rinker

3.財布

財布は所有している中で最もコンパクトなものをチョイス。

日本のハンドメイドレザーブランドHERZのコインケースです。

カード数枚と現金を入れるための必要最低限の収納です。

iPhone6と並べてもご覧のコンパクトさ

 

4.simカード

海外用のSIMカードも必須です。

おすすめはthree。

unnamed-39

created by Rinker

5.モバイルバッテリー×3

正直、パスポート、お金(カード)、そしてスマートフォン。この三種の神器があれば海外旅行も余裕です。しかしスマホは電源が尽きてしまえばただのガラクタです。

なので充もモバイルバッテリーは必須。

基本的にビビリな僕は3つの充電器を常にボディバッグに入れて持ち歩いていました。iPhoneが7回はフル充電できます。

ANKER信者です。

6.変圧器

iPhoneのコンセントが変圧器になっていることを知りませんでした。すごいなぁ。

ただイギリスやその他のヨーロッパの国は、日本とコンセントの形状が違うので、どちらにせよ変換プラグが必須です。

そこでコレ。

こうやって日本規格のコンセントを刺すこともできるし、コンセントの形も3パターン変えれます。

さらにUSBポートが4つあるのも便利なポイントですね。海外ではモバイルバッテリーを頻繁に充電するので。

7.コンタクトレンズ(1day)

目が良くない僕にとっての必須アイテム。

コンタクトは絶対に1dayがいいです。僕は普段2week使用ですが、荷物に洗浄液が増えると思うと地獄です。旅行に行ってまで洗う手間もめんどくさいし。

img_4699

created by Rinker

8.unoオールインワン

コレ本当におすすめです。

今流行りのオールインワンの先駆け的存在。

日本に比べて圧倒的に湿気が少ないヨーロッパでも乾燥知らず。

img_4697

created by Rinker

9.シャンプー ボディソープ

荷物はすべて機内持ち込みでした。国際線の機内持ち込みでは、持ち込み荷物に厳しい制限が課せられます。(当然ですが)

シャンプーなどの液体物は、「100ml以下の透明の容器に入れて、総容量が1リットル以下の透明でプラスチック製、かつジップ付きの袋に入れる必要があります」

詳しくは下記を↓

参考 液体物の持ち込みについて成田空港

10.薬

海外の薬が日本人に合うのかわからなかったので、一応。

 

11.鍵

自転車用のぶっといワイヤーロック2つにミニダイアルロック2つ。

ワイヤーロックは外出するときにリュックをベッドなどの備え付け家具に固定するために使用しました。

2ヵ月間全泊ドミトリー泊だったので防犯対策は自分なりに考えうる限り徹底しました。

結果を言うと、盗難被害には他ただの一度もありませんでした。

リュックに100均一のリングを取り付けてこんな感じでカギをするためのミニダイアルロック。(こうすること簡単にはでジップを開けられなくなのでスリの心配がかなり減る)

ワイヤー錠は外出するときにリュックをベッドなどの備え付け家具に固定するため(全泊ドミトリー泊だったので)

img_4700

created by Rinker

12.着替え

1週間に1回程度、コインランドリーや宿の洗濯機を回していました。

なので着替えも最低限です。

スキニー3本

基本的にパンツはスキニーデニムのみ。
理由は、かさばらないしシワができても気にならないからです。

Tシャツ5枚+Gジャン

Tシャツも最低限の5枚のみです。

そしてアウターはこのGジャンのみ。リーバイスの3rdタイプです。

そしてこの旅、唯一のミスがコレです。

TシャツにGジャンを羽織っただけでは9、10月のヨーロッパは寒かった。

ポルトガル、スペインはまだ大丈夫でした。と、いうか9月のポルトガルとスペインは暑ジャン着てたら普通に汗だくでした。

問題は、10月のポーランド、バルト三国。これだけでは寒い寒い。完全になめてました。

天候や気温のリサーチは徹底しましょう。

13.下着

志磨遼平という男の魅力について徹底的に語り尽くす

「お前のパンツなんか誰も見たくないわ!」と、言われそうなのでの画像はありませんが下着も必須ですね。

下着も都度洗濯、余裕をもって7枚ほど持っていきました。

14.靴

マーチンです。相棒です。

えーと、Amazonプライム会員がお得過ぎてやばい。。年間3900円分の特典

15.心意気

大事です。

まとめ

あなたの旅の少しでも目安になれば幸いです。