『アイリッシュマン』を観るべき5つの理由とあらすじ【スコセッシ史上最高傑作】 | The Bird's Nest Hair  

『アイリッシュマン』を観るべき5つの理由とあらすじ【スコセッシ史上最高傑作】

映画ファン最大注目、マーティン・スコセッシ監督最新作『』が11月27日、遂に全世界同時配信がスタートします。

FT

Netflixユーザーになってからはや4年ほどが経ちましたが、本作の配信以上に楽しみなことは、今までにありませんでした。

本記事では、『アイリッシュマン』の現時点で判明している概要と観るべき5つの理由をまとめました。

先行上映で配信より一足お先に鑑賞しました!スコセッシのキャリア集大成的な作品でとにかく圧倒されました…。

感想記事は以下です。

Netflix『アイリッシュマン』ネタバレ有の感想【スコセッシのキャリア集大成】

アイリッシュマン あらすじ

実在した凄腕ヒットマン(殺し屋)フランク・シーラン、別名“The Irishman”の数十年にわたる半生を通して、20世紀アメリカの混沌とした裏社会を描いた物語。

当時のアメリカ最大規模だった労働組合「全米トラック運転手組合:チームスター」のリーダー、ジミー・ホッファの不審な失踪と殺人事件。伝説的マフィア、ラッセル・バッファリーノのの栄光と失墜。巨大犯罪組織の内部抗争、アメリカ政権との繋がり、血で血で争う悪同士の戦争…第二次世界大戦後アメリカの激動の裏社会…

無法者たちの壮絶なな生き様を、巨匠マーティン・スコセッシが鮮烈に描き出す。

『アイリッシュマン』の評価

一般配信に先駆けてニューヨーク映画祭(2019年9月27日~10月3日)で上映された『アイリッシュマン』。

海外主要メディアやプレスからは絶賛の声が鳴りやなかったそうです。

本作は上映時間209分というスコセッシ監督こん身の超大作。上映終了後には、鑑賞した評論家、メディアから「スコセッシの最高傑作!」(New York Post)、「スコセッシの作品で最も感傷的で胸を打たれる!」(New York Times)、「アカデミー賞作品賞のノミネートは確実だろう!」(The Playlist)と大絶賛が巻き起こり、辛口の米・映画レビューサイト「Rotten Tomatoes」でも批評家スコア100%フレッシュと最高点を獲得した(10月4日時点)。

ORICONnews

『アイリッシュマン』上映劇場

『アイリッシュマン』は、Netflixオリジナル作品なので、Netflix以外の動画配信サービスで視聴することは出来ません。

Netflixの配信開始は11月27日ですが、11月15日(金)から2週間限定で一足先に劇場での公開も決定しています。

以下、アイリッシュマンが公開される劇場を(確認できた範囲で)まとめました。

『アイリッシュマン』上映劇場
関東アップリンク渋谷
アップリンク吉祥寺
シネ・リーブル池袋
関西シネ・リーブル梅田(1週間限定)

また、以下のイオンシネマでも上映が決定したとのことです。

『アイリッシュマン』上映予定のイオンシネマ
11月15日(金)~茨木 ・宇多津 ・各務原 ・釧路 ・熊本 ・江別 ・広島 ・佐賀大和 ・四條畷 ・三田ウッディタウン ・市川妙典 ・松本 ・新小松 ・石巻 ・草津 ・大宮 ・大日 ・大野城 ・天童 ・東員 ・板橋 ・福島 ・防府 ・北見 ・北上 ・名古屋茶屋 ・明石
11月22日(金)~むさし村山 ・久御山 ・京都桂川 ・港北ニュータウン ・高の原 ・豊田KiTARA

これだけ多くのイオンシネマで公開されるのは有難い限りですね。

FT

僕は大阪住みなので、シネ・リーブル梅田で鑑賞する予定です。

アイリッシュマンを観るべき5つの理由

①:マーティン・スコセッシ最新作

監督:マーティン・スコセッシ

この文字の並びほど映画ファンの胸を躍らせることはそうないでしょう。

『タクシードライバー(1976)』『レイジング・ブル(1980)』『グッドフェローズ(1990)』『ディパーテッド(2006)』『ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)』

スコセッシが生み出してきた名作を挙げればキリがありませんが、間違いなくハリウッドを代表する映画監督としてその名を映画史の歴史に刻む、伝説の人物です。

そんな彼が10年以上も温めていたという作品、面白くないはずがないと断言できます。

②:伝説のオスカー俳優が揃い踏み

ロバート・デ・ニーロ

https://www.thewrap.com/robert-deniro-trump-insults-birthday/

主人公フランク・シーランを演じるのはマーティン・スコセッシと『カジノ(1995)』以来のタッグを組む、アカデミー俳優ロバート・デ・ニーロ。

デ・ニーロとスコセッシは今作でじつに9度目のタッグ。この二人のコンビは、英Total Film誌が発表した「映画史に残る監督と俳優のコラボレーション50組」で見事1位に輝きました。

アル・パチーノ

https://www.vanityfair.com/hollywood/2015/06/al-pacino

ジミー・ホッツァを演じるアル・パチーノは、やはり『ゴッドファーザー』でのデ・ニーロとの名共演を思い起こさずにはいられません。

アカデミー賞をはじめ数々の賞に輝いた、誰もが認める名俳優です。

ジョー・ぺシ

https://www.goldderby.com/feature/joe-pesci-greatest-films-ranked-worst-to-best-goodfellas-home-alone-my-cousin-vinny-1202765648/

そしてジョー・ぺシ。

彼の出演交渉が難航していたようで、出演受諾までにおよそ50回断れたとの報道もあります。

ジョー・ぺシとデ・ニーロとの共演といえば、スコセッシの歴史的名作『グッドフェローズ』です。

彼は『グッドフェローズ』で魅せた狂気の演技で、アカデミー賞助演男優賞を受賞しています。


主要キャストの三名すべてがアカデミー俳優。

映画の歴史を築き上げてきたといってもいい、生きる伝説たちの奇跡の共演。

こんな奇跡はおそらくもう二度とありません。

③:最新技術で若返った名優たち

通常、スコセッシの作品を語るときにデジタル・テクノロジーの話しにはなりません。

しかし、本作『アイリッシュマン』では、間違いなくそのデジタル・テクノロジーが作品に多大に貢献しています。

本作では、フランク・シーラン(ロバート・デ・ニーロ)という男の半生を描かれています。

御年76歳のデ・ニーロは、キャラクターの数十年間を1人で演じる必要があったのです。

キャラクターの若き日(もしくは年老いた日)を一人の俳優が演じる(しかも演技の邪魔になるヘルメットやテニスボールを被らせずに)ことが、ついに可能になったのです。

ILM社ののDe-Aging Process技術

そんな魔法を可能にしたのが、ハリウッドを代表するSFX企業、ILM(インダストリアル・ライト&マジック)が生み出した“De-Aging Process”(俳優をCGで若返らせる特殊効果作業)です。

ちなみにILMは、1970年代に映画「スターウォーズ」の製作にあたって、あのジョージ・ルーカス監督によって設立された企業です。

予告編でも確認できるデ・ニーロが映し出されるワンシーンは、たしかに全く違和感なく若返っていて驚きました。

デ・ニーロは同映像をスクリーンテストで見ると「あと30~40年は、俳優として働けるね!」と笑顔で評価したそうだ。

映画.com

④:スコセッシ史上最長

マーティン・スコセッシと作品と言えば、とにかく長いことで有名。

彼の最大のヒット作になった『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の上映時間は、3時間でした。

そして、今作の『アイリッシュマン』の上映時間は3時間30分です。

これをどうとらえるかは人それぞれですが、個人的には感謝の気持ちしかありません。

一日の約六分の一の時間をスコセッシの最新作に費やせるなんて…

幸せでしかありません。

⑤:スコセッシ史上最高額

『アイリッシュマン』の製作費はおよそ173億円にも及ぶと報じられています。

堂々の超大作規模の製作費です。

スコセッシの悲願だった本作の製作は長年暗礁に乗り上げており、作品の完成は、彼の名声と実力をもってしても困難を極めるものでした。

理由は主に3つです。

1.伝説級のキャストたち(ロバート・デ・ニーロ、アルパチーノ、ジョー・ぺシ)の莫大な出演料

2.彼らを若返らせるための技術

3.20世紀アメリカ裏社会を描くためには避けられない、作品の長時間化

スコセッシを救ったNetflix

パラマウント映画社、IMグローバル、20世紀フォックス、ライオンズゲート、ユニバーサル・ピクチャーズ、STXエンターテインメント…

誰もが知る有名企業の熱烈なラブコールがあったにも関わらず製作が進まなかったのは、膨れ上がる製作費によるもの。

遂には、本作の全米配給権を獲得していたパラマウント映画社が、製作から離脱していしまう事態に…

作品の完成は不可能に思われていたその時、手を挙げたのがNetflixでした。

Netflixのコンテンツ最高責任者テッド・サランドスが関わったことで、ついに企画が動き始めた。

Netflixは、資金面のサポートだけでなく、クリエイティブな面でも、スコセッシ監督の手法に口出しをしなかった。

映画.com

ありがとう、Netflix。一生契約します。

あとがき

『アイリッシュマン』の公開(配信)にリアルタイムで立ち会えたことを誇りに思う日が、今後必ずやってきます。

あなたがNetfliXであるなら、『アイリッシュマン』を観ない理由はありません。

FT

以下の記事で是非『アイリッシュマン』に向けて気分を昂ぶらせてください。

マーティン・スコセッシ作品の関連記事▼

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』あらすじ・見どころ【劇中の心理術は悪用厳禁】 『グッドフェローズ』感想と見どころを解説【スコセッシ節炸裂/映像と音楽の魔法】 『シャッターアイランド』感想・考察を解説【スコセッシ史上最も不運な名作】 『キング・オブ・コメディ』で描かれる喜劇と悲劇【『ジョーカー』との関連性も】 【ネタバレ】『ジョーカー』から受け取った、喜劇も悲劇も全ては自分次第というメッセージ【感想/考察】