プロフィール | The Bird's Nest Hair  

プロフィール

『The Bird’s Nest Hair』をご覧いただきありがとうございます。

FT

当ブログを運営しているFTと申します。

『The Bird’s Nest Hair』について

星の数ほどあるブログサイトの中で、『The Bird’s Nest Hair』を見つけて下さって、本当にありがとうございます。

当ブログは、あなたが生きてく上で一切なんの役にも立たない無駄な情報をだらだらと発信していく、そんなブログです。

 ブログの内容

無駄of無駄、雑多of雑多のThe雑多ブログです。

ジャンルでいうと、音楽・映画の割合が大きいですね。

管理人『FT』について

■年齢:27歳
■性別:男
■職業:サラリーマン
■趣味:ファッション|音楽鑑賞(主にロック。1960年代~最新まで幅広く聴きます)|映画|アニメ|ゲーム|海外一人旅

ファッションに特化したファッション専門ブログ『FASHION JUNCTION』も運営しています。是非。

これまでとこれから

1992年
生まれる
大阪府南部で誕生
1993-1997年
Go 岡山
父の仕事の都合で岡山に引っ越す
1997-2000年
Go 仙台
父の仕事の都合で岡山から仙台に引っ越す
2000-2002年
Return 大阪
仙台から大阪に引っ越す、帰阪。度重なる引っ越しにより少年は人見知りに。
2002年
転校&転校
大阪府内でまたもや引っ越す。2度目の小学校転校で人見知りに拍車がかかる。
2004年
古着に出会う
地元の中学に入学。

the思春期の少年はおしゃれに興味を抱き、ヘア・ワックスをつけ始める。

わずかな小遣いを握りしめて地元の古着屋で古着を漁る日々。

2007年
人生初パーマ
高校に進学。陸上部に所属する。

生まれてはじめてパーマを当てる。赤西仁をイメージしたつもりが隣の水谷さんちの奥さんのような髪型に。

天王寺・難波の古着屋にも出没するようになる。

2009年
死ぬ気で受験
高校三年生春。偏差値30という驚異的成績の悪さにより担任から「お前なんかが入れる大学があるか、バカ!」と親の前で罵倒される。(勉強しなかった自分が悪い)

腹が立ったので死ぬ気で受験勉強をする。

2010-2014年
三度の飯より服とサブカルの日々
偏差値を30近くあげて中の上レベルの大学に入学。担任を見返す。

関西中の学生が集まって開催されるファッション イベント『ビートニクス』に参加。大学1年で本格的にファッションに目覚める。

と、同時に音楽、映画、アニメなどのサブカルに猛烈に興味を示すようになる。

服屋とTSUTAYAが主な出没場所になる。

接客販売のアルバイトを始め、重度の人見知りを克服。(名残はある)

アパレルの接客販売でさらにファッション熱が加速する。

【主なバイト先】

ポールスミス
ビームス
ユナイテッドアローズ
古着屋
メンズアンダーウェア セレクトショップ

2014年 4月
アパレル商社へ就職
夢のアパレル商社に就職。名古屋に引っ越し社会人生活をスタートさせる。
2015年 3月
一度目の退職
パワハラに合い退職、帰阪。ゆとりを発揮する。学生時代のアルバイト先に戻る。フリーター生活。
2016 2月
広告代理店に就職
満を持して再就職。

志望理由は、ファッションはもちろん、音楽や映画、漫画、アニメ…自分の好きなモノに携われる機会が多いから。

当ブログを開設する。

2017年 5月
Go 東京
東京転勤。新海誠作品を観て憧れた夢の東京生活をエンジョイする。
2018年 6月
Return 大阪
大阪支社立ち上げのため、大阪勤務になる。帰阪。
2018年 9月 11月
ヨーロッパ2ヵ月間ひとり旅
2ヶ月という長期間、仕事を休む。3度目のゆとりを発動。

ヨーロッパひとり旅を敢行する。(アイキャンノットイングリッシュ)

ヨーロッパ9カ国を周遊、夢の海外フェス・ライブも体験。人生観が大きく変わる。

2019年 6月~
FASHION JUNCTION』開設
広告代理店で勤務しながら、5つのブログ運営を行う、ハードだが楽しい日々。

『The Bird’s Nest Hair』にかける思い

上記の年表では、正直かなりどうでもいい情報も大量に盛り込みました。

それは、あなたに少しでも僕という人間を知ってほしいから。顔や相手の素性がわからないブログにはしたくないので。

それにしても、年表にしてみると「フラフラしてるなぁ、自分(苦笑)」となってしまいますが、こんな僕でも変わらず続いていることが2つあります。

『自分が好きなことに対する情熱『ブログの運営』です。

複数のブログを運営していますが、自分にとって初めてのブログ『The Bird’s Nest Hair』は、僕にとって途方もなく大切な存在です。

真心込めて運営しています。