The1975のライブを、サマーソニック2019で、最前列で観た。【ライブレポ】 | The Bird's Nest Hair  
【12/05】最新記事を更新

The1975のライブを、サマーソニック2019で、最前列で観た。【ライブレポ】

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUMMER SONICさん(@summersonic_official)がシェアした投稿

第一段アーティストが発表された2月1日から8月18日までおよそ半年以上、待ちに待ちました。
いまや世界最高峰のロックバンドと名高いThe1975をこの極東の島国で観れる機会を180日以上、1年の半分以上待ちました。

喜怒哀楽全てをぶち込んだThe1975のライブは「感動的」というより、ひたすらに「衝撃的」でした。

「ポジティブ」と「ネガティブ」の合間を縫うように揺れ動くパフォーマンス。

オーディエンスひとりひとりの心をダイレクトに揺さぶるマシュー・ヒーリーの表現者としての極致。

「美しい」と思っているはずなのに、なぜか「悲しくて」

「死にたい」と毎日思うけど、でもやっぱり「生きたい」から今も心臓を動かしていて

こんなライブを観た日はやっぱり「生きててよかった」と思う。

サマーソニック2019 大阪

今回のサマソニ大阪は大型台風影響により、過去20年の歴史の中でも最も混乱を極めたフェスでした。

特に3日間開催の初日の8月16日は、オーシャンステージ(主要ステージ)とマウンテンステージに出演予定だったアーティストが軒並みキャンセルを強いられるという悲しい事態に…。

錯綜する情報、混乱する人々…

これじゃまるでThe1975の『I like America & America Likes Me 』まんまじゃないか、と思う。

「路線バスには乗るな」「シャトルバスもタクシーも、道が混んでるから会場に着くには時間がかかる」「会場には自転車で向かうのがおすすめ」

誰の、どの情報を信じればいいのか皆目見当もつなかいので、予定より大幅に早い時間(6:30)に自宅を出発、8:00には舞洲に到着しました。

僕は、なんとしてもThe1975のステージは最前列でこの目に焼き付けておきたかったのです。

リストバンド交換を30分ほど待って交換後はオーシャンステージに直行。

時刻は9:00前。開場は10:00なのでさらに1時間待ちます。

時計の短い針が10を刺したが早いか、係員に先導されていよいよオーシャンステージ内に。

ステージ左側の最前列を確保して、トップバッターのストラッツのライブまでさらに1時間の待機。

サマソニは待ちの連続、修行です。

時計の針を早めましょう。

オーシャンステージ3日目、The Strutsからはじまったバトンは、LOUDNESS、MY FIRST STORY、Alexandros、YUKI、Weezerへと託され、そしてついに…

T H E 1 9 7 5
S U M M E R S O N I C 2 0 1 9

良い時間帯です。

夏の終わりの夕暮れは、人どうしようもなくをセンチメンタルでロマンチックにさせる何かがあります。

18:05、定刻通り。

オーシャンステージに響き渡る

Go down / Soft sound / Midnight / Car lights…」

世界最高峰にまで上り詰めたバンド、間違いなく2019年の今、観るべき最重要バンド

The1975のステージがいよいよ幕を開けます。

まるで友達との待ち合わせにやってきたくらいの軽い足取りでステージに現れたThe1975の4人。

しかし、ひとたびマイクと楽器を持てば間違いなくそこには世界最高のロックバンドの姿が。

SUMMER SONIC

音楽においてもガラパコス化してしまったここ日本でも巻き起こる

Give Yourself a Try

の大合唱に早くも泣きそうになります。

しかし、体内の残水分量は残り僅かなはず。まだ泣けません。

SUMMER SONIC

間髪入れずに投下される『TOOTIMETOOTIMETOOTIME』は夏の夕暮れにぴったりのトロピカルサウンドで、オーディエンスは自由に体をくねらせます。でも誰よりも自由に踊っていたのはマシューその人でしたね。

Sincerity Is Scary』では、お馴染みのピカチューニット帽を被りながら、酒を煽りタバコをふかすマシュー。

可愛いらしいピカチューニットを被りながら、おちょこで日本酒を飲み、さらに片手で煙草をふかしているその仕草や動作のコントラストがシュールすぎて、直接目の当たりにすると「この人ぶっ飛んでるなー」と痛感しますね。

しかもひとつひとつの挙動が何故こうも格好いいのか。

マシューの一挙手一投足に会場中が夢中です。

It’s Not Living (If It’s Not With You)』では気持ちが溢れ過ぎて大号泣。体内残水分量などお構いなしに泣きじゃくりました。

去年のイギリス滞在中にリリースされたシングルで、個人的にThe1975の楽曲の中でも「一番思い入れが深い」かつ「一番好きな曲」だったので…

感情が暴れました。

SUMMER SONIC

I Like America & America Likes Me』では先ほどまでの多幸感が嘘のように、鬼気迫るパフォーマンスでオーディエンスを魅了するマシュー。

全身から溢れ出る感情を爆発されるようなその姿は、僕の隣にいた(The1975を全く知らない)B’zファンの人を驚愕させていました。

ステージからアンプに飛び移り、カメラをガッと掴み、何かを訴えるように歌うマシュー。

たとえ歌詞がわからなくても言葉を知らなくても、あの姿に何も感じない人はいないはず。

そして『I Always Wanna Die (Sometimes)』の美しさと強さ、そして圧倒的な正しさ。

「生きたい」でも「死にたい」

「夢も希望もない」ってことを知ってる。でもどこかに「夢や希望がまだあることを夢見てる」

「世界は良くならない」ってことを知ってる。でも「良くない世界を嫌いになれない」

「美しい」のに「悲しい」

「楽しい」のに「泣きそう」

ミレニアル世代の若者は毎日こんな気持ちで今この世界を生きています。

「And I always wanna die, sometimes
いつも死にたいって思ってる、時々ね。
I always wanna die, sometimes
いつも死にたいって思ってる、そう、時々ね。」

こんな言葉で大合唱を起こせるのはThe1975だけしかいない。

SUMMER SONIC

The1975の新たな名曲『Love It If You Made It』では、世界の怒りを一身に背負ったかのように拳を掲げがなら憤り、

かと思えば『chocolate』では、昔と変わらない少年のような笑顔で楽しそうに歌い、

続く『SEX』ではついにTシャツを脱ぎ捨て低めのポジションにセットしたギター掻き鳴らして、ロックンロールの未来まで背負い込み観客を彼方まで導きます。

曲のラスト、スクリーンに映し出される

「ROCK&ROLL IS DEAD / GOD BLESS THE 1975」

の、メッセージ。

ロックがロックではなくなってしまった2010年代。

今の時代にロックでロックを表現したところでそれは果たしてロックなのでしょうか?

ロックではないやり方でロックを表現してこそロック、それが今の時代だと思います。

「ロックという手法を使わずにロックを表現してください」

そんな、時代からの無理難題に応えているのがThe1975なわけで。

だからThe1975は圧倒的に強くて正しいわけで。

手法としてのロックが死滅した時代に現れたThe1975の覚悟が「ROCK&ROLL IS DEAD / GOD BLESS THE 1975」に込められていると、僕は勝手ながら受け取りました。

そしていよいよ最終曲の『The Sound』では、全世界でお馴染み「ファッキン・ジャンプ」でこの日1番の盛り上がりを記録。

会場にいた他アーティストのファンも巻き込んだカオティックな盛り上がりに。

まるで世界が終わるんじゃないかって思うくらいのバカ騒ぎ。

盛り上げるだけ盛り上げて、演奏終了後即暗転、即終了。

気づけばステージにはメンバーは誰も残ってなくて、この1時間の出来事と目にしたことは夢だったんじゃないか…

と、本気でそう思ってしまうほどの非現実感。

とんでもないのもを観てしまった。

あとがき

3年ぶりの来日公演。

間違いなく世界最高峰のバンドへと成長していたThe1975。

The1975のステージこそが世界最高。

彼らがいる場所こそが世界最高のステージ。

8月18日の世界最高のライブは、ここ大阪でした。

 

コメントを残す