映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』ネタバレ・感想【ヒロアカファンによる記事】 | The Bird's Nest Hair  
【1/24】最新記事を更新

映画『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』ネタバレ・感想【ヒロアカファンによる記事】

2019年12月20日。

待ちに待った『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』公開日。

世間では『スターウォーズ』が話題ですが、僕はこっちです。

公開初日・初回上映にて早速鑑賞してきました。

FT

もう、本当に本当に最高でした。ストーリー・演出・作画・声優の演技…全てが限界突破のプルス・ウルトラ。「さらに向こうへ」どころか「遥か彼方へ」ぶっ飛んだとんでもない映画でした。

ヒロアカファンの・ヒロアカファンによる・ヒロアカファンのための映画、とでもいうか、とにかく、ヒロアカファンが求めている全てのことが詰め込まれた作品です。

正直、劇場版でここまで描いちゃっていいの…って感じです。

もはや、最終回。

かつて、オールマイトがオール・フォー・ワンを倒すためにすべての力をぶち込んだように、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』には、ヒロアカの魅力や面白さが全てぶち込まれています。

『僕のヒーローアカデミア 』という作品が好きであればあるほど楽しめる、極上の劇場版です。

本記事では、「ネタバレ(あらすじ)」「感想」「見どころ」などをまとめています。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』を観ようか迷っている方は、こんなしょうもない記事を読んでる暇があるのなら、即・劇場に行ってください。

絶対に後悔はしません。

もし、この記事を読んでいただけるのであれば、少しだけお付き合いください。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』あらすじ

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

雪が降り続く冬のある夜。

ヒーロー社会を壊そうと目論むヴィラン・死柄木弔たちが、密かに何かを運ぼうとしていた。彼らの動きを事前にキャッチしたプロヒーローたちが現場に駆け付け、激しい戦いを繰り広げる。

ちょうどその頃、出久たち雄英高校ヒーロー科1年A組の面々は、引退したNo.1ヒーロー・オールマイトの後を継ぐ“次世代のヒーロー育成プロジェクト”の一環として、クラス全員で期間限定の校外ヒーロー活動のために日本のはるか南に位置する離島・那歩島を訪れていた。

ここしばらく大きな事件が全く起きていない平和な島で、駐在ヒーローとして島民の生活を助けながら過ごしていたが、突如謎のヴィランたちが島に襲来、次々と島の施設を破壊していく。それを指揮するのは、「ナイン」。

出久、爆豪ら1年A組のメンバーは力を合わせてヴィランに立ち向かうが、ナインの圧倒的な“個性”と力は想像を遥かに超えるものだった……。


今作の時系列は、アニメよりも先の物語です。雪が降っているので、季節は「冬」ですね。

デクが新必殺技『デラウェアスマッシュ エアフォース』を使用している描写や、かっちゃんのコスチュームが新しい仕様ではないことから、「文化祭」後から「A対B組対抗戦」前の時間軸だと思います。

ちなみに、現在のかっちゃんのユニフォームはこんな感じです。(週刊少年ジャンプ2020年3号より)

めちゃくちゃ格好良いですね。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』オリキャラ

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ナイン

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

力だけが支配する世界を望んでおり、その目的のために活真の個性を狙う。

オール・フォー・ワンのものと酷似した「個性制御装置」を装着している。

個性「天候操作」ほか…

周囲の天候を操り、雨、竜巻、雷を引き起こす。

その他、空気を固めてバリアにしたり圧縮して放つ個性、爪をレーザービームのように発射する個性、使い魔を召喚する個性など、複数の個性を操る。

スライス

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ナインが理想とする新世界の共感し、行動をともにする。

個性「スライス」

自らの長い髪の毛を刃物に変化させる個性。

固い岩や分厚いコンクリートでも、一瞬で切り裂く切れ味をもつ。

キメラ

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ナインに助けられた過去をもつ。

ナインの理想とする世界の実現に向けて、行動を共にする。

個性「キメラ」

異形系の個性。

複数の動物の特徴を合わせ持った体は、極めて高い身体機能を誇る。

キメラ発動時は、翼で空を飛んだり、口から熱戦を放出できる。

マミー

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

常に全身を包帯で覆い、表情が読み取れない男。

忍者のような口調で喋る。

個性「木乃伊化(マミー)」

自身の包帯を物体に巻きつけることで、対象物を傀儡化し、意のままに操る。

生物は操れないが、身に付けている武器や衣服は操ることはできる。

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』ネタバレ

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

①:エンデヴァーVS荼毘

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

冒頭からいきなり、文字通り「激アツ」のバトルです。

エンデヴァーVS荼毘の戦いが、まさか劇場版で観れるなんて…

荼毘については、まだ謎が多いですが、轟家と何らかの関わりがあるのは明らかです。

今回の勝負はエンデヴァーの最大火力・赫灼を使用した必殺技『プロミネンスバーン』により、決着がつきました。

まさか、この技も映画館で観ることができるなんて…

開始3分からすでに最高潮。プルス・ウルトラし過ぎでしょマジで。

②:ホークス初登場

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

アニメよりも一足先に登場するのは、現No.2ヒーローのホークス。さすがは「速すぎる男」です。

ヒーローが次々と襲われる事件を早くから危険視していたホークス。彼はこの事件が、「個性を奪う者」の犯行だということに気づきます。

③:ナインの目的

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

オール・フォー・ワンの個性因子と適合したナインは、全部で8つの力を奪うことができる体になりました。

つまり、自分の力を含めて9つの力を使うことができるということ。

ナインは自分の目的のため、力を手に入れるために、次々とヒーローを襲って力を取り込みます。

しかし、ナインが最も欲している個性は、攻撃の個性ではありませんでした。

ナインが求める個性、それは…

④:島乃真幌&活真

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

本作のオリジナルキャラ、島乃真幌&活真の二人の姉弟。

彼らはナインに狙われことになりますが、その理由は活真の個性にありました。

活真の個性「細胞活性化」。

ナインはこの個性を狙っていたのです。

個性を使い過ぎると細胞にダメージを負うハンデを抱えたナインは、活真の個性を取り込み、無敵の存在になることを企みます。

④:「困っている人たちを助ける」1年A組

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ヒーロー公安委員会によるヒーロー推進課プロジェクト。

平和の象徴、オールマイトが引退した今、少しでも早く、次世代のヒーローを育成しようと試験的に行われたこのプロジェクト。

プロジェクトにより1年A組が訪れた那歩島は、30年以上も事件が起こっていない平和な島でした。

1年A組のヒーロー活動も、ヒーローとしての本質「困っている人たちを助ける」というもので、「迷子の捜索」や、「ぎっくり腰のおばあちゃんを助ける」「畑仕事を手伝う」「トラクターのバッテリーを充電する」…

といった、平和な作業でした。

⑥:ナイン一派の襲来

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ナインたちの襲来により、島の平穏は脆くも崩れ去ってしまいます。

圧倒的な力で、島を壊滅状態に陥れるナインたち。

各地で応戦する1年A組のヒーロー。

しかし、島民の避難が最優先のため、彼らは100%の力を出すことができません。

⑦:デクのピンチを救うかっちゃん

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

連れ去られそうな活真の元に駆け付けたデクは、ナインと交戦します。

新必殺技「デラウェア・スマッシュ エアフォース」や、「ワン・フォー・オール上限20%」…

今のデクの最高の攻撃力をもってしても、ナインにはまるで歯が立ちません。

「空気凝固」「レーザービーム」「召喚獣」など、複数の個性を操ってデクを追い詰めるナイン。

レーザーで体を貫かれ、追い詰められるデク…。

絶体絶命のデクのピンチに駆け付けたのは、そう、

かっちゃんです。

これは、もう、ヒロアカファンとして胸アツでしたね。

だってデクのピンチにかっちゃんが駆け付けるんですよ、そんなの最高じゃないですか。

⑧:敗北

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

しかし、デクとかっちゃんの力をもってしても、ナインの圧倒的力には敵いません。

ナインの最強個性「天候操作」で引き起こされた落雷は、モロに二人を直撃します。

瀕死のダメージを受ける二人。

助けに入った甲口によって一命を取り留め、その場を脱します。

その日の夜。ナインたちの襲来をなんとか凌いだ1年A組。

しかし、彼らの凄まじいパワーを前にして、士気はただ下がるばかり…。

圧倒的な力の差。敗北。

⑨:二人の存在

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

活真の個性によって回復したデクとかっちゃんが、みんなに“ある秘策”を話します。

その話を聴いて、みるみる士気が戻る1年A組。

相澤先生の言葉を思い出します。

「二人の熱はクラスに伝播していく。奴らの存在がクラスを底上げしてくれている」

➉:作戦

迎えた翌朝。

島の地形を利用してナインたちを三手に分断、各地で戦うという作戦に出る1年A組。

全員の力が合わさった作戦、これがもう、とにかく最高で泣いてしまいました。

1.青山&八百万

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

青山のネビルレーザー+八百万の大砲でナイン・スライス・キメラを分断。

青山は大技「キャントストップトゥインクリング スーパーノヴァ」を、八百万は避難道具を「創造」した後の決死の大砲2連発。

2人とも限界を超えたプルス・ウルトラです。

2.麗日&瀬呂+峰田

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

麗日のゼログラビティで大量の巨岩を浮かせ、それを瀬呂がテープで固定して一斉に狙い撃ち。2人の個性が合わさった抜群のコンビネーションです。

しかし、個性複数持ちのナインにはびくともしません。

限界を超えた麗日の「超浮力」+瀬呂の「テープショットトライデント」、さらに、峰田の「スーパーグレープラッシュ」で無数の岩でナインを閉じ込めようとしますが、強大な力の前に3人は吹き飛ばされてしまいます。

3.芦戸&常闇

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

鍾乳洞の洞窟、暗闇に誘い込まれた、スライス。

そこに待っていたのは、芦戸+常闇コンビ。

芦戸の「アシッドショット」で鍾乳洞を溶かして攻撃、常闇が「深淵暗躯“夜宴”」でとどめを刺す作戦。

しかし、スライスの個性が相乗以上に強く、芦戸がやられてしまいます。

倒れる芦戸を目の当たりにした常闇は、自分の中のリミッターを外します。

暗闇は彼の世界。

常闇に秘められたダークシャドウの100%の力を前に、スライスは、なすすべなく倒されます。

やはり、ブラックシャドウ100%は、異次元の強さです。

4.轟&切島&飯田&梅雨ちゃん

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

ナインの次に強い力を持つ、超強敵キメラ。

飯田の「レシプロバースト・ターボ」、切島の「烈怒頑斗裂屠(レッドガントレット)」、梅雨ちゃんの「毒の粘膜」、そして轟の「火炎」をもってしても、全くダメージを負わせることができません。

そこで轟は、3人に一か八かの賭けを提案をします。

「俺をアイツの懐に連れていってくれ」

飯田の「レシプロバースト・ターボ」で相手の気を引きつつ、梅雨ちゃんの「舌」で二人をキメラの背後に投げ飛ばす。

そして、そこからは切島の「烈怒頼雄斗 安無嶺過武瑠(レッドライオット アンブレイカブル)」で正面突破。超高熱のビームが切島を襲いますが、彼は鋼の心で決して倒れません。

三人の思いを背負った轟は、自身の体温を限界値以下にまで下げます。それは、自身の火力を最大限まで高めて放つ「赫灼」の逆。

凍てつく氷のさらにその先、「絶対零度」で、全てを凍てつかせる轟。

四人の連携で見事、強敵キメラを倒します。

⑪:THE END

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

残る最後の敵、ナインはいまだ無傷。彼の狙いである活真との距離も残り少なくなっていきます…。

二人を守る最後の砦として、デクとかっちゃんがのナインの前に立ち上がります。

初っ端から息のあった連携技を決める2人。

吹き飛ばされたデクの足をすぐさま掴んで、さらに爆撃で勢いを付けて相手に投げ返す『爆破式カタパルト・デク』なんかは、絶対にこの映画でしか観れないと思います。

その他にも、隙をつかれたデクを瞬時に助けるなど、かっちゃんのヒーローとしての成長を感じさせるシーンが多数あります。

しかし、デクの「ワン・フォー・オール100%」、かっちゃんの「火力MAXハウザーインパクト」をもってしても、全くノーダメージのナイン。

力を尽くした二人に、とどめを刺そうとするナイン。

⑫:かっちゃんの怒り

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

間一髪、ボロボロの二人のピンチを救ったのは、瀬呂と麗日でした。

二人を守るため、瀬呂と麗日は、ナインの召喚獣である空遊咬鮫獣「サメラ」の攻撃をモロに受けてしています。

ぶちのめされた瀬呂の姿をみて、激昂するかっちゃん。

こののシーン、とてもよかったです。

瀬呂を本当の友達だと思っているからこその怒り。

もしかすると、雄英に入って変わったのは、デクよりもかっちゃんなのかもしれません。

⑬:デクの秘策

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

真幌と活真を守るものは、もう誰もいません。

耳郎の「ハートビートファズ」も、尾白の「尾空扇舞」も、ことごとく跳ね返されてしまいます。

真幌と活真の絶体絶命のとき、再び二人のヒーローが駆け付けます。

デクとかっちゃんです。

しかし、二人とももうとっくに限界を超えたボロボロの状態…。立っているのがやっとな状態。

ナインは自分の目的を完遂させるため、全てのリミッターを外し、最大火力で2人に襲い掛かります。

「空気凝固」「レーザービーム」そして、「天候操作」

絶体絶命のデクとかっちゃん…

瀕死の状態で、デクはある秘策を思い付きます。

⑭:さらば「ワン・フォー・オール」

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

デクの秘策とは、「個性の譲渡」。

つまり、「ワン・フォー・オールの譲渡」です。

オールマイトから貰った力、ヒーローになるための力…

その全てをかっちゃんに譲渡すると決めたデク。

オールマイトがかつてそうやって戦ってきたように、譲渡からしばらくの間なら、自分の中にもワン・フォー・オールの「ともし火」は残る。

ふたつのワン・フォー・オール」でしか、ナインには勝てない。

デクとかっちゃんの掌が合わさり、デクの中のワン・フォー・オールの火が小さくなっていきます。

力を授けたデク。力を授かったかっちゃん。

⑮:プルス・ウルトラのさらに向こうへ

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

二人は100%を超えた「究極のワン・フォー・オール」を発動します。

髪の毛は逆立ち、瞳は揺らぎ、稲妻が体を纏う。

限界を超えたさらにその先、「プルス・ウルトラ・ワン・フォー・オール」。

閃光のような目にも止まらぬ超スピード、地面を砕き、山をも粉砕する圧倒的な力。

二つのスマッシュが天を割り、光をもたらします。

このシーンの作画ははっきり言って、理解不能です。

本作は全編作画のクオリティが尋常ではありませんが、「ふたつのワン・フォー・オール」のシーンは、突出しています。

さすがは、ボンズです。

おそろしい迫力。おそろしい感動。

一体このシーンを作りあげるために、どれだけの人の努力と才能が集結したのだろう…

⑯:ワン・フォー・オールの奇跡

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

1年A組のヒーローたちによって、島民の命は守られました。

救助に駆け付けたホークスとオールマイト、雄英の教師陣やプロヒーローたち。

デクは、オールマイトに泣いて謝ります。

ワン・フォー・オールを譲渡してしまったことを。

しかし、こうも伝えます。

「そのことに、少しも後悔していないと」

デクは自分の夢を捨てたのではなく、自分の夢を守るため、そして島民を守るためにワン・フォー・オールを譲渡したのです。

そんなデクに、奇跡が起こります。

ワン・フォー・オールの炎が、デクの中でまだ燃えていたのです。

「譲渡の途中に爆豪少年が気を失ったからか…」

オールマイトは、はじめにそう推察しますが、すぐに気づきます。

これは、「ワン・フォー・オールが起こした奇跡」なのだと。

紡がれてきた義勇の心が生んだ奇跡なのだと。

⑰:「君は、ヒーローになれる」

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

島の復興を手伝った1年A組は、プログラム終了の日を迎え、那歩島を後にします。

生徒を乗せた船が出航するとき、真幌と活真が港に駆け付けます。

活真は、「自分も、デクくんや爆豪さんのようなヒーローになる」と、誓います。

そんな活真に、デクは言います。

君は、ヒーローになれる

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』感想

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

正直、ここまで面白いとは思ってみませんでした。

前回の劇場版『二人の英雄』がすでに、最上の出来だと思っていました、いちヒロアカファンとして。

デクとオールマイトの師弟の共闘には胸と目頭を熱くされました。

しかし、今回、『ヒーローズ:ライジング』の感動と興奮は、それ以上です。

なんですか?この面白さは?何がどうなっているんですか?

1年A組の活躍

前作において唯一物足りなかったのが、1年A組の活躍の少なさです。

見せ場が、デクとオールマイトの共闘だったので仕方ありませんが、1年A組ファンとして寂しかったのも事実です。

しかし、本作は1年A組全員の見せ場、活躍が、これでもかとてんこ盛り。(逆にオールマイトはほとんど出てきません)

テレビではもちろん、原作ですら描かれていない必殺技もバンバン登場します。

特に、轟の「絶対零度(勝手に名付けた)」と、瀬呂、常闇が活躍するシーンは最高でした。

「救けて勝つ」「勝って救ける」

時間的制約がある劇場版で1年A組のヒーロー全員の見せ場(プルス・ウルトラ)を作り、そして、なんといってもデクとかっちゃんの共闘を描き切ったのが、本当に泣けました。

「救けて勝つ」

「勝って救ける」

二人が目標とするヒーロー像を完璧に描き切ったラストバトルはとにかく感涙もの。あと、作画がヤバいです。えげつないです。素晴らしいです。最高です。

ふたつのワン・フォー・オール

まさか、本当に、まさかまさかでした。

まさか、デクがワン・フォー・オールをかっちゃんに譲渡して、ふたつのワン・フォー・オールで戦うとは…。

そんなのありですか?ヤバくないですかそんなの?

最高に決まってるじゃないですか、えぇ最高でした。

文字では絶対に伝えられません、あの感動と興奮は。

近年のジャンプ映画でも稀に見る最高のバトルシーンでした。

かっちゃんの成長

デクの活躍や成長は、これまでも多く描かれてきました。

死闘を乗り越えるたび、悲しみや死を乗り越えるたびに、デクは一歩一歩強くなり、その度に強さを身に付けてきました。

しかし、今回驚かされたのは、かっちゃんの精神的成長です。

期末試験でもデクとの共闘、周りと差を付けられた仮免取得、そして、真夜中のデクとの決闘…

多くを乗り越えたかっちゃんの、本当の強さが描かれていた作品が、本作『ヒーローズ:ライジング』でした。

デクとのチームプレイや、デクを助ける行為、そして瀬呂がやられて激怒するシーンは、少し前までの彼には考えられません。

ましてや、死にかけとはいえ、デクの個性であるワン・フォー・オールを譲り受ける、そんなことは、それこそ死んでもしなかったはず。

かっちゃんの成長があってこそ描くことができた、最高のバトルだったと思います。

あとがき

(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英社

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』は、ヒロアカファンであれば絶対に映画館の大スクリーンで観た方がいいです。

なにより作画の力の入れようが凄まじいです。

バトルシーンは動きまくり、走りまくり、飛びまくり、爆発しまくり、で、もうとにかく最高です。

FT

全ヒロアカファンが100%楽しめる、プルス・ウルトラの作品です。