特記型ブログ、ジャンル選定のススメ

遅すぎる気もしますが、先日の記事で書いた通り、ブログ開設から1年7ヶ月、ようやくグーグルアドセンスのみの収益が3万を突破しました。

アドセンスで3万は一つの目標、目安として考えていたので、正直めちゃくちゃ嬉しいです。
が、喜んでばかりもいられません。
アドセンス月3万はあくまでも目標の一つなので、ゴールというわけでは決してありません。
もちろんさらに収益を伸ばしていこうと考えています。

そこで、次の一手としては、

当ブログのような『雑多ブログ』ではなくて、一つのジャンルに絞り込んだ『特化型ブログ』を作ろうと思っています。

しかし、これがまぁ難しい!

何が難しいって、ジャンル選定が難しすぎる。頭こんがらかってきます。

特化型ブログの決め方

規模感

まずは、どれだけの規模のブログを立ち上げるかということです。そりゃそうですよね、店をオープンさせるにしろ、会社を設立するにしろ、まずはどのくらいの規模感にするか、ということを設定すると思います。

ブログも全く一緒で、目標の全体像を把握・想像しないと、霧の中をさ迷い歩く、まさに五里霧中状態でモチベーションも上がらないってなものです。

ジャンル選定

さぁきました、ジャンル決めです。これが難しいんですよ、本当に。

特化型ブログのジャンル選定において重要なことは、いかに具体的な“ペルソナ”を設定できるか、ということです。

ペルソナとは?

ブログのターゲットである『誰に』にから、さらに『なぜ』までを詳細に設定した人物像のことです。

男か女か、年齢は?職業は?趣味は?ブログを見る時間帯は?

この架空の人物を具体的に設定し、その人に合わせた、その人が読みたくなるような記事を書く。

これが、特化型ブログの生命線だと言われています。

ぼくは特化型ブログにおいても、とりあえずはグーグルアドセンスの収益をメインに考えているので、積極的なアフィリエイト記事を書くことは考えていませんが、アフィリエイトブログをお考えの方は、ペルソナの他にもアフィリエイトしやすい商品、売れる商品を基にしてブログを作成する必要があります。

まとめ

どんなジャンルでブログを作るのか

ブログのターゲット層はだれなのか、どこに設定するのか

考え過ぎると、脳みそが沸騰しそうですが、まぁでも特記ブログだからといって、ジャンルを狭めすぎる必要はないのかなとも思います。

ジャンルを狭めすぎると、そもそも検索の絶対数が少なくなりますし、ぼくなんかだとネタ切れを起こすこと必須なので。

これからもTHE DEEP RIVERSはゆるーく今まで通りに続いていきますので、どうかこれからもよろしくお願いしますね。