『ブラック・クランズマン』あらすじ・感想【痛快痛烈、スパイク・リーの新たな傑作】 | The Bird's Nest Hair  
【1/24】最新記事を更新

『ブラック・クランズマン』あらすじ・感想【痛快痛烈、スパイク・リーの新たな傑作】

2019年に公開された『ブラック・クランズマン』は、ジョン・デヴィッド・ワシントンとアダム・ドライバーの主演俳優二人の名演技や、現代の社会を痛烈に批判したテーマが全世界で絶賛されたスパイク・リー監督の新たな名作です。

同年のアカデミー賞では、作品賞、監督賞(リー監督にとっては初)、助演男優賞を含む6つの賞にノミネートされました。(最終的に脚色賞を受賞)

人種差別は、遠い国の違う世界の話ではありません。

日本から一歩でも外にでれば、差別は大きな顔をしてそこかしこに、さも当たり前のように存在しています。差別の対象は日本人も例外ではありません。

FT

『ブラック・クランズマン』は、人種差別という重いテーマを扱っていますが、痛快な娯楽作品として楽しめます。

『ブラック・クランズマン』の評価

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

『ブラック・クランズマン』のレビュー
演出
(5.0)
音楽
(5.0)
ストーリー
(4.0)
キャスト
(5.0)
リピート
(3.0)
総合評価
(4.0)

とてつもないバランス感覚の上に成り立った作品です。

人種問題という極めて重く鋭い、攻撃的に迫るテーマを扱いながら、しかし、どこか笑えてしまう話でもある。

「えっ、そんな間抜けなことってある?うそでしょ?」と言ってしまいたくなる実話は、まさに、「現実は小説よりも奇なり」。

そして、あくまで娯楽作品であるという痛快な作風、素晴らしいバランス感覚。これぞスパイク・リー。

全世界で大絶賛されたのも納得の傑作です。

『ブラック・クランズマン』スタッフ&キャスト

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

『ブラック・クランズマン』スタッフ

『ブラック・クランズマン』スタッフ
監督スパイク・リー
脚本スパイク・リー
製作総指揮スパイク・リー/ジョーダン・ピール
脚本バリー・アレクサンダー・ブラウン
音楽テレンス・ブランチャード

監督・脚本:スパイク・リー

ブラッ・ムービーの雄、スパイク・リー監督による最新作『ブラック・クランズマン』。

本作は、彼の膨大なフィルモグラフィーの中でも、『ドゥ・ザ・ライト・シング』や『マルコムX』級、最高傑作に匹敵する作品のひとつです。

『ブラック・クランズマン』キャスト

『ブラック・クランズマン』キャスト
ロン・ストールワース刑事 ジョン・デヴィッド・ワシントン
フィリップ・”フリップ”・ジマーマン刑事アダム・ドライバー
パトリス・デュマス(ストールワース刑事の恋人)ローラ・ハリアー
デービッド・デューク(KKK最高幹部)トファー・グレイス
クワメ・トゥーレ(差別撤廃闘争の指導者)コーリー・ホーキンズ

ジョン・デヴィッド・ワシントン

名優デンゼル・ワシントンの息子であり、過去にはスパイク・リー監督の『マルコムX』に子役として参加していたジョン・デヴィッド・ワシントン。

四半世紀以上の時を経て、スパイク・リー監督の作品に主演として出演、ドラマがあります。

端正な顔立ちでありながら、不敵さと無邪気さが入り混じった、ふてぶてしいまでの存在感が素晴らしいです。

クリストファー・ノーラン監督最新作『ネネット』にも主演することで、今後さらなる注目を集めるでしょう。

映画『テネット』について分かっていること【クリストファー・ノーラン最新作にして集大成】

アダム・ドライバー

名作にこの人あり。

2010年代最大のブレイクを果たした俳優の一人、アダム・ドライバー。

とにかく、本当に素晴らしい俳優です。

彼の演技、彼が出演している作品に間違いはありません。


【完全版】U-NEXTのメリット・デメリット、料金や1ヵ月無料トライアルの注意点も徹底解説!

\『ブラック・クランズマン』を無料で観る/

U-NEXTを無料体験する>>

ボタンをクリックするとU-NEXT公式HPに移動します。
無料体験キャンペーンがいつまで続くかわからないのでお早めに

*31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

『ブラック・クランズマン』あらすじ

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

黒人刑事が白人至上主義団体「KKK(クー・クラックス・クラン)」潜入捜査した実話をつづったノンフィクション小説を、「マルコムX」のスパイク・リー監督が映画化。1979年、コロラド州コロラドスプリングスの警察署で、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース。署内の白人刑事たちから冷遇されながらも捜査に燃えるロンは、新聞広告に掲載されていたKKKのメンバー募集に勢いで電話をかけ、黒人差別発言を繰り返して入団の面接にまで漕ぎ着けてしまう。しかし黒人であるロンはKKKと対面できないため、同僚の白人刑事フリップに協力してもらうことに。電話はロン、対面はフリップが担当して2人で1人の人物を演じながら、KKKの潜入捜査を進めていくが……。

映画.com

『ブラック・クランズマン』を観る前に知っておきたいこと

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

①:時代の変更

1978~1979年から1972年へと年代が変更されています。

理由1.映画史的問い直し

アメリカ映画史の暗部、パンドラの箱、タブー視されていた呪われた側面を、真正面からハッキリと問い直すためです。

スパイク・リー監督は本作で、「映画史的問い直し」をするという狙いがありました。

そもそも、なぜ、KKK(クー・クラックス・クラン)が掲げる白人至上主義的思想が始まったのか?

その背景には、『國民の創生』『風と共に去りぬ』という、映画の存在があった。あれらを、本当に“ただ”の名作扱いしていていいのか?

「映画史的問い直し」をするためには、白人映画と黒人映画を対比させる必要がありました。

本作では、名作とされる白人至上主義映画と、黒人中心に作られた映画ブラックスプロイテーション映画の対比が随所にあります。

ブラックスプロイテーション映画全盛期の70年代初期に時代を合わせることで、白人至上主義映画とブラックスプロイテーション映画の対比を、より分かりやすくしたのです。

理由2.映画的面白さの底上げ

2つ目は、映画的な面白さを底上げする「画の魅力」を作り出すためです。

70年代初期、あの時代ならではのファッション、アフロヘア、フレアパンツ、細身のレザージャケット、カラフルなタートルニット、デニムのセットアップ…

そして、若い黒人たちがザ・コーネリアス・ブラザーズ&シスター・ローズの『Too late to turn back now』(1972年)に合わせてダンスする印象的なシーン…

70年代カルチャーを存分に感じさせてくれる「画の魅力」が、本作にはあります。

他にも、ブラックパワー運動の盛り上がりと、それとは対照的にニクソン政権の発足、そして、勃発するベトナム戦争…

時代のうねりが大きかった72年だっかたからこその印象的なシーンが多く登場します。

②:小道具ではなく「今」買ったもの

野外で射撃に興じるKKKの一団。彼らは冗談を飛ばし笑いながら、的をめがけて銃を撃つ。

彼らが去った後、主人公ロンがその場所に立ち寄る。そこで目にする。

「何が的になっていたのか」

カメラが次第に引いて、「的になっていた何か」が徐々に映し出されるシーンですが、その何かとは「絵」です。

逃げ惑う黒人を描いたボード。絵ですが、歴史的には間違いなく実在した人々の姿です。

白人の銃弾から逃げ惑う黒人。その苦しみ、影があの「絵」です。

そして、驚くべきことに、あの「」は、小道具として作ったものではなく、実際に売っていたものです。

スパイク・リー監督自身が、実際にインターネットで購入した品。そしてロンを演じるジョン・デヴィッド・ワシントンに言ったそうです。

「これ、今、実際に買ったものだから」

それを聞いたジョン・デヴィッド・ワシントンの表情は、演技ではなく100%ガチです。

このシーンは必見です。


【完全版】U-NEXTのメリット・デメリット、料金や1ヵ月無料トライアルの注意点も徹底解説!

\『ブラック・クランズマン』を無料で観る/

U-NEXTを無料体験する>>

ボタンをクリックするとU-NEXT公式HPに移動します。
無料体験キャンペーンがいつまで続くかわからないのでお早めに

*31日以内に解約すれば料金は一切かかりません

『ブラック・クランズマン』感想


(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

黒人刑事が、同僚の白人刑事と2人で1人の人物を演じながら、白人至上主義団体「クー・クラックス・クラン(通称 KKK)」に潜入捜査した実話を、スパイク・リー監督が映画化。

これだけ聞いても絶対にただの(普通の)映画ではないと思っていましたが、まさかここまでとは…

正直、本作をどのような心持ちで鑑賞すればいいのか…ラストまで気持ちが定まらないまま、最後の最後でどえらく重たい現実を突きつけられました。

コメディとして観ればいいのか、痛快なバディムービーとして観ればいいのか、重厚な人間ドラマか、強烈な社会風刺作品か…

正解は、全部でした。

『ブラック・クランズマン』には、全てが含まれています。

優れた映画とは、観ただけでは終わらず、観たあとにこそ頭に残る作品だと思います。

劇場を後にした自分の頭の中を、映画のメッセージがぐるぐる反芻する。

メッセージの強度、刺さる深度が尋常ではない映画、それこそが「最高の映画」であると思います。

衝撃のラスト

物語としての決着、人種を超えたチームワークで身内の悪いやつもやっつけた、KKKのボスに壮大をネタバレをした瞬間の「ざまぁ!」的してやったり感。観客を包みこむ快感、カタルシス。ハッピーエンド、めでたしめでたし…

では、終わらないのがスパイク・リー監督。

映画ではない、「創作」ではない、ナイフの切っ先のように突きつけられる、というか、ナイフを突き刺される「現実」。

「映画の撮影が終わった後に……本当は最初に“とある”エンディングがあったんだけど、映画を撮り終わった後にあの事件が、映画の最後に出てくる事件が起こって。「もうここを結末にするしかないであろう」という風に、つくり変えた。で、「もう元のエンディングは、どうやって終わろうとしていたのか思い出せない」

スパイク・リー監督

『ブラック・クランズマン』を観て、そし、てあのラストを観て、どう思うのか…

遠くの国の出来事、対岸の火事だと思うのか…

あなたの目で確かめてください。

あとがき

(C)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

世に蔓延る「人種差別問題」という、重い、非常に重い、人類が立ち向かうべきテーマを扱った本作ですが、この映画はあくまで「娯楽作品」です。

観ていて嫌な気持ちになることはありません。

ただ、考えさせられます。

「自分はどうあるべきか」

何度も何度も頭の中を反芻します。

メッセージの強度、刺さる深度が尋常ではない映画、それこそが「最高の映画」であると思います。