片道約2000円で大阪から横浜・埼玉へ。~青春18きっぷの旅 2017 夏~

9月日青春18きっぷの期間は等に過ぎてしまいましたが、2017年 夏の青春18きっぷの思い出を書こうと思います。

今回も大阪→東京間の移動のため青春18きっぷを理由しました。すべては、星野源 ライブツアー2017 Continues 追加公演の『さいたまスーパーアリーナ』の地へ向かうために。

今回のルートです。

IMG_2895

IMG_2896

IMG_2897

IMG_2898

約11時間に及ぶ長い長い旅路でした。

青春18きっぷを利用して大阪から東京まで鈍行電車で移動した話(案外楽しかった)
ぼくは今までに2回、大阪から東京を青春18きっぷを利用して鈍行列車で移動したことがあります。去年の8月と今年の3月です。1人でしたが...

青春18きっぷの旅 2017 夏 大阪→埼玉

1.新今宮駅(大阪)

IMG_2404

さあ、始まりは通天閣のお膝元、新今宮駅です。朝6時半。眠い…。

2.大阪駅(大阪)

大阪の山手線こと環状線に乗り大阪一のターミナル駅大阪駅へ。

写真撮り忘れました。今のうちに白状しておくと、今回(も)結構写真撮り忘れてます。すみません。

3.米原駅(滋賀)

IMG_2407

大阪駅から快速急行に揺られること約1時間30分。

第一合戦場、米原駅に到着です。

何故合戦場かというと、

IMG_2413

こういうわけです。(分かりにくい)

青春18きっぷで大阪から関東方面を目指すとなると、米原駅は避けては通れません。そう、つまり青春18きっぱーが一同にこの駅に介することになるので、席争奪大戦争が巻き起こるんです。

恥も外聞もありません。とにかく走って席を確保しましょう。当然、人を押しのける、列に割り込むなどの危険行為、モラルに反する猿みたいな行為はNGです。

4.大垣駅(岐阜)

IMG_2419

米原駅から本物の合戦場、関ヶ原を越えて大垣まで。

IMG_2417

ここで第二次席争奪戦争が勃発します。

大垣から次の乗り換え駅豊橋までは1時間30分。愛知県横断の長い長い区間にになります。
もし大垣から座れなくても、名古屋駅(大垣から役30分)で大勢の人が降車するので、ここで座れないことはまずないかと思いますが、万一座れない場合は1時間30分立ちっぱなしの苦行のような時間を過ごすことになります…。

5.豊橋駅(愛知)

さて、愛知県横断コースを経て豊橋駅。
ここまで来ると流石に聞こえて来る言葉も大阪のそれとは全く別物で、「思えば随分遠くまで来たものだなー」という感慨にふけることができます。

ここ豊橋は大阪から東京まで行く青春18きっぱーと、東京から大阪まで向かう青春18きっぱーの両者が降車する駅なので、シーズン中はまるで御堂筋商店街の如く人がごった返します。ここまで来れば座れないということはあまり無いので、乗り換えにそこまで焦る必要もないかと。

6.浜松駅(静岡)→7.島田(静岡)→富士8.(静岡)と乗り換えれば、いよいよ静岡県最後の駅、熱海駅です。(富士駅付近は天気が良ければ富士山が見えます。ちなみにぼくは1度もおめにかかったことがありません。)

9.熱海駅(静岡)

ここが席争奪戦争、その最後の地です。
ここで座れずに仮に東京駅まで向かう場合…、なんと、1時間50分間!座れないという嘘のような責苦を強いられるので、ここでは是が非でも席を確保したいところです。青春18きっぷで東京へ向かう方も多いですし、地元住民の方も多く利用する路線ですので、1度席が埋まってしまうと長時間空きがありません。ちなみにぼくは過去に一度、熱海から座れずに東京まで行ったことがあります。(長時間の及ぶ鈍行列車旅の最終区間なので、正直想像以上にしんどいです。)
何度も言いますが、席を確保したいからといって人の迷惑になるような行為は厳禁です。

10.横浜駅(神奈川)

IMG_2488

ようやく、ようやく辿り着きました。約10時間。長い長い旅路でした。

IMG_2899

IMG_2497

IMG_2499

昼ご飯もろくに食べていなかったので、中華街で食べ歩きを満喫。

IMG_2495

IMG_2492

IMG_2494

夜はドラマ 孤独のグルメで紹介されていた横浜の隠れた名店『第一亭』という台湾料理屋さんへ。

大量のニンニクと中華麺(太)をあえた『パタン』という看板メニューと、『チート』豚肉のホルモン料理がめちゃくちゃ美味しい!!

さぁ、横浜を満喫したところで再び電車へ。旅はまだ続きます。最終目的地はあくまで埼玉なのです。

11.西川口駅(埼玉)

IMG_2489

横浜駅から電車で1時間と少し、本日の最終目的 埼玉県 西川口駅に到着。ふぅー。(喜びと疲れと安堵のため息)

予約していたホテルにチェックインして泥のように眠りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする