3期『ハイキュー!!烏野高校vs白鳥沢学園高校』がアツすぎる!!全話感想&あらすじ

*2016/12/10 10話感想 追加

unnamed-9

私、タクヲの今季の全話感想&あらすじ記事は

  • ハイキュー!!
  • 響け!ユーフォニアム2
の、ニ本柱になると思います。
このニ作品をもうそれはそれは楽しみにしておりました。

『ハイキュー!!烏野高校vs白鳥沢学園高校』

haikyu-3rdseason-1

今やワンピースに次ぐジャンプの大人気看板漫画、ハイキュー!!。
もちろん毎週欠かさず読んでます。

漫画のスピード感・緊張感・胸暑さはそのままに、さらにアニメならではの表現を取り入れ、よりダイナミックな試合展開を楽しめるアニメ版ハイキュー!!。
ハッキリ言って最高です。

第3期の相手は、宮城最強、白鳥沢。全国でもトップ3の実力をもつ、大エース牛若率いる絶対王者です。
対する我らが烏野は圧倒的攻撃力で破竹のごとく宮城予選を駆け上がってきた、ダークホース。

『ハイキュー!!烏野高校vs白鳥沢学園高校』
これが今期ハイキュー!!の正式名なんですね。
1クール丸々使って王者との激戦を描く、贅沢です。

『ハイキュー!!烏野高校vs白鳥沢学園高校』全話感想+あらすじ

第1話『ごあいさつ』

unnamed-2

春の高校バレー宮城県大会・決勝戦。
烏野高校排球部の前に立ちはだかるのは、絶対王者と呼ばれる白鳥沢学園高校。

最強のスパイカー・牛島を前に、果たして勝機はあるのか!?
全国大会出場へ向けた激闘が今、始まる!

ー公式HP引用ー

unnamed-8
unnamed-23
本当に“ごあいさつ”といった内容の第1話。
ハイキュー‼︎ってこういう作品ですよっていう紹介のような回でしたね。
冒頭の「眼の前に立ちはだかる高い高い壁…」という主人公日向のお馴染みのナレーション。
3期の始まりを宣言するかのようなナレーション。胸が熱くなります。

 unnamed-22
unnamed-4
いやーしかし、会場全体に見せつける、日向・影山の変人ソッコー(ネット真下打ちver)と、両チームのスターティングメンバーがコート入りするシーンは今までにない感じで燃えますね。
まさしく決勝戦といった場面です。
unnamed-6
unnamed-7

ギャグありキメ場面あり、これから決勝戦が始まるワクワク感を存分に演出してくれた第1話。
unnamed-21
unnamed-3

今後の激戦が楽しみです。
unnamed-1

第2話『左の脅威』

unnamed-20

春の高校バレー宮城県予選、決勝。
試合序盤から、牛島の強烈なスパイクが烏野のコートを襲う。
慣れない左利きの攻撃に、守護神である西谷ですらレシーブすることができない。

広がる点差を前にした、烏野の作戦とは?

ー公式HP引用ー

unnamed-10

unnamed-11

第2話です。もうノヤッさん!カッコ良すぎだよノヤッさん!の回でしたね。

ノヤッさんVSウシワカの熱戦が熱すぎました。

unnamed-12

unnamed-13

左搭載のうえ火力最大の超高校生級大エースウシワカに、なす術なく1ゲームを先取されてしまうかに思われた烏野高校。

しかしそのウシワカの強烈サーブ&スパイクに「3本で慣れてみせます」の西谷の有言実行っぷり!

unnamed-19

unnamed-15

3本目で西谷がボールをあげた瞬間は、鳥肌ものでしたね。さすが烏野の守護神。

「烏野におれあり!」の言葉は伊達ではありません。

unnamed-16

そして2話終盤、いよいよ動き出したゲスモンスターこと天童。

ますます激化する戦いから目が離せません。

unnamed-17

そしてこの試合のヒーロー、月島からも目が離せません。

第3話『GUESS・MONSTER』

unnamed-29

試合は第二セット目。
攻撃に転じようとする烏野だったが、白鳥沢MB天童の、鋭い読みと直感によるブロックが立ちはだかる。
烏野のスパイクがことごとく叩き落される中、月島は冷静に相手コートを見つめていた。

ー公式HP引用ー

unnamed-17

unnamed-18

日向の速攻をことごとくはじき落とす天童のターンから始まる第3話。漫画よりも天童の“得体のしれないバケモノ度”が上がっています。理屈が通じない相手白鳥沢に苦戦する烏野。

unnamed-21

向こうが理屈が通じない相手にも理屈で挑む“烏野の理性”月島。

推測VS理屈。全く正反対のブロック対決。

烏野と白鳥沢が徹底して対照的に描かれていた回でしたね。

それが最も印象的に描かれていたのがこの最後のラストシーン。

unnamed-23

unnamed-24

unnamed-22

壁を意識させるため烏野長身トリオ(月島・東峰・影山)の3枚ブロックが飛ぶ。壁の間をストレートで打ち抜くウシワカ。

unnamed-26

そして、

抜けた先には、スーパーリベロ!!!

漫画でも鳥肌が立つほど興奮した激熱シーンですが、動きがあるアニメで観るとさらに興奮しますね!

unnamed-28

白鳥沢が圧倒的個の力で勝負するなら、烏野はチーム力で勝負。

対照的な両校の熱戦はいよいよここからが本番。

第4話『月の輪』

第二セット終盤。
烏野は月島・西谷を軸にしたトータルディフェンスで、白鳥沢に食らいつく。

互いに譲らず、デュースの競り合いが続く緊迫した試合展開。均衡を破る1点を決めるのは?

ー公式HP引用ー

ついに来たー!

これだよこれ!これを待っていたんだ!!!の回でした。

執拗なワンタッチで相手にプラッシャーをかける月島。
デュースになり点を取られ取りつつのシーソーゲーム。“続けて点を取ることには膨大なエネルギーが必要。”本当にその通りだなと観てて思う説得力ある描写。
ギリギリの攻防の中でもワンタッチを連続し絶対にただでは点を与えない月島。

月島によって与えられ続けたプレッシャー・苛立ちによって積もり積もったフラストレーションはほんの僅かな綻びとなる。

unnamed-35
そしてその綻びを見逃さない、いや、それを待っていた月島。

そして、
unnamed-33

ついに、
unnamed-32

と…
unnamed-31
 unnamed-28
とめたーーーーー!

unnamed-27
unnamed-26
ツッキーがウシワカのスパイクを完璧にドシャット!!
漫画で読んだときからこのシーンは大好きで、なんならハイキューで1番好きなシーンで、だからこのシーンをアニメで観るのが本当に楽しみでした。

unnamed-25
たかがブロック1本。

   たかが25点中の1点。

        たかが部活。

unnamed-22
unnamed-21
バレーにハマる瞬間。
吠える、月島。
烏野、最後の一羽が遂に目覚めた回。

1-1
勝負はこれからです。

第5話『個vs数』

img_4686

両チーム1セットずつ取り合い、迎えた第三セット。
牛島を止め、勢いに乗りたい烏野。
しかし2セット目を引きずることなく、立て直してきたセッター白布に絶対王者の貫禄を見せつけられる。

そんな中、牛島にある言葉をかけられた日向は?

ー公式HP引用ー

img_4695

対照的な両チームのぶつかり合いが印象的だった第5話。

img_4687

白鳥沢のキャラの掘り下げもあったりで、敵なのに白鳥沢にも感情移入してしまいます。

img_4693

img_4694

img_4702

烏合の衆こと烏野は数とチームワーク、まさかのトリッキーな試合運びで点をもぎとっていくのチームスタイル(なんだかアイシールド21の泥門高校を思い出します)

img_4703

対する白鳥沢は、研ぎ澄まされた個の力。個人の身体能力高さとパワーで真っ向からねじ伏せる、まさに絶対王者。

img_4701

しかし、
個人の力だけでは勝負は決まらない。

img_4700

「そうじゃなねぇから奥が深く、
そうじゃねぇから面白いんだ!」

img_4697
6人で強い方が勝つ。

第6話『出会いの化学変化』

img_4812

2セット先取され、もう後がない烏野。
しかし日向の守備での活躍もあり、両者激しく競り合う展開に。

追い風は烏野に吹くかと思われたが、影山の動きに陰りが見え始め?

ー公式HP引用ー

img_4797
高校1年生、若き日(今も十分若い)の沢村・東峰・菅原の描写からはじまった第6話。

img_4798

なるほどこの回想をここに入れてきましたか!といった感じでした。実は原作漫画ではこの回想シーンは違う場面で語られていました。
でもそれが改悪ではないし、むしろ原作に負けないような熱いアニメを作ろう!みたいな気持ちが、アニメ『ハイキュー‼︎』からは溢れ出ていて原作ファンも嬉しく思います。

試合は第4セット。このセットを取られたら負けの烏野高校。しかも厳しいデュースの展開。

img_4800
試合中最も多くボールに触る影山はもはや体力も限界ギリギリ…そりゃそうです、たとえ天才でもまだ高校1年生ですからね。

img_4801
が、まだまだやる気満々の影山。
「おれが何かに絶望するとしたら、バレーができなくなったときだけだ」
…かっこよすぎますね。

img_4802
あと1点取られたら終わり…まさに絶対絶命の烏野高校。そしてここで追い打ちをかけるかのようにウシワカのサーブターン。

img_4804
食らいつく烏野

img_4799
新技「1人時間差」をキメる月島

img_4805
影山の完全ではないトスに瞬時に反応する日向

img_4809
もぎ取ったセット

img_4810
熱戦ははいよいよファイナルセットへ。

第7話『こだわり』

img_4929
試合はいよいよ15点先取となるファイナルセットへ。
繋心は疲れが見え始めた影山に替え、菅原をコートに送り出す。これまでは堅実なプレーを武器にしてきた菅原だったが、東京合宿である練習をして。

img_4930
ファイナルセットはわずか15点マッチ。

img_4931
烏野のスターティングセッターはスガさん。

img_4933
img_4934
烏野のシンクロ攻撃!リベロ(西谷)がトスあげてセッター(菅原)がスパイク決めるとかバレー全然知らないぼくでも異常だと思うレベルの異常。

img_4935
「俺の武器は堅実さ。でもおれにも新しいことができる」

変化することを恐れない烏野。
リードする烏野。

しかし…
img_4943
今試合一番のキレを見せる白鳥沢選手たち。試合終盤やのに…なんてヤツらや…。

そしてここにきてウシワカ、天童の回想シーン。

img_4937
ワンマンプレイヤー天童は1人孤立、自分の気持ちの良いバレーを求め白鳥沢へ

人とは違う(左利き)のウシワカ
img_4941
強いチームに入るといい
強くなればいろんなやつと戦える
強いやつ、変なやつ、新しいやつ
そいつらはきっとお前を強くしてくれる
父の言葉を胸に、ウシワカは白鳥沢へ

img_4942
「天童の言葉を借りると…ノッてきた」
このド終盤でさらに調子を上げてくるウシワカと天童。

img_4955
負けじと調子を上げる月島。ツッキーかっけぇ!

img_4946
しかし…ウシワカの強烈サーブに負傷してしまい、一時戦線離脱を余儀なくされる月島。

img_4947
悔しそうな月島、こんなシーンだけどなんか嬉しい。グッときますね。

img_4949
img_4952
月島の思いも込めた、チーム一丸のシンクロ攻撃。しかし…

img_4950
img_4953
img_4954
img_4951
烏野勝利フラグをヘシ折る天童。

今回は試合のテンポ感というより、白鳥沢の掘り下げに徹した回でしたね。

そしてこれがハイキューの厄介なところです。

もちろん烏野以外は全員ライバルで敵なんですが、ライバル校の選手も魅力的すぎる。
思わず相手校も応援してしまう。

ファイナルセットでノッてきた大エースウシワカとゲスモンスター天童。
本当の戦いはここからかもしれません…。

第8話『嫌な男』

img_5131

月島の負傷でブロックの要を欠いた烏野だったが、攻めの姿勢を崩さず白鳥沢に食らいついていく。

そんな中、日向の執念あふれるプレーに、牛島は明確な対抗心を抱き始める。

天童に止められ負けフラグ全開で終了した第7話。

img_5103

「次もまたやるから…!」でも菅原の心は折れてなかった!よかった。

守りに回らずあくまで攻め続ける烏野。それでこそ烏野。

img_5115
img_5116
img_5117
影山復活からの日向&影山の変人速攻真下打ちバージョンは痺れました。

img_5105
img_5107

img_5119
img_5120
月島がいない穴だらけのブロックでも白鳥沢の猛攻に何とか耐える烏野。
顔面ブロック、超至近距離レシーブのこどきブロックで守りでも活躍?する日向。

img_5109
そんな日向を見て「なんか…嫌だ」と明確に感じるウシワカ。

img_5114
img_5113
全力で、お前を叩き潰したい…!
これまではあくまで超強豪校に烏野が挑戦者として挑むという図式でしたが、この第8話で対等なライバル同士の激戦として描かれてきましたね。相手を認めて遂に本気になる最強の敵、こういう展開ジャンプらしくてやっぱり燃えます。

img_5125
img_5124
烏野絶体絶命の場面。

img_5127
そんな場面での烏飼監督の
「下を向くんじゃねえええぇ!!!バレーは!!!常に上を向くスポーツだ」
には、胸が熱くなりました。このお声も、もう…。

img_5130
そして帰ってきたこの試合のヒーロー、月島。
「数での翻弄vs全てをねじ伏せるシンプルな強さ」
激戦はいよいよ最終局面へ。

第9話『バレー馬鹿たち』

img_5367

img_5369
戻ってきたこの試合のヒーロー月島。
もうまさにヒーローは遅れてやってくるって感じで全力で主人公してます。

img_5370
この2人の関係性もいいですね。

img_5372
ウシワカの強烈スパイクを負傷中の右手でブロックする月島。
あぁ、悶絶級の痛さのはず…。

img_5373
でも、「最後まで戦ってみたいだなんて…」と、強く思う月島。
バレーに、部活にハマったツッキーは意外と熱血です。

img_5375
img_5377
そしてこのド終盤にも関わらず、3連続ウシワカスパイク。

img_5391
怪物、化け物、ではなく、「超バレー馬鹿」なウシワカ。

img_5379
月島のブロード(囮)常に新しいことを仕掛ける烏野ですが、まさか月島がブロードとは…。長身の月島が動けば嫌でも一瞬そっちに意識持ってかれますね。

img_5382
img_5383
流石の天童も月島のブロードに気を取られ反応が一瞬遅れる。一瞬、コンマ数秒の遅れがバレーでは致命傷に。

img_5409
すでに限界突破の烏野陣。ボールが来るとわかっていても動けないほどの疲労。烏野ピンチ。

img_5412
しかし、

img_5411
チームのピンチを救うのはいつだってこの男なんですよね。ノヤッさん!

img_5413
が、ボールを上げた先にはウシワカ、続くピンチ

img_5415
img_5414
ヤバい…

img_5417
!?ノヤッさん!!?ウォーーー!ってなるシーンです。

img_5419
img_5420
態勢崩しといてウシワカの殺人スパイク上げるとかそりゃこんな表情になりますわ。

img_5424
「太ももがはち切れようとも、空中戦は頼みます」

img_5425
守護神にこんなこと言われたら気合い入らないわけがない。

img_5426
一進一退の殴り合い。

img_5432
「攻める」

img_5433
「以外の」

img_5434
「選択肢」

img_5435
「無し!!!」

img_5436
img_5437
img_5441
img_5442
img_5444
img_5443

 第10話『コンセプトの戦い』

ファイナルセットはついに20点台に突入する。
個の強さを極める白鳥沢、常に新しく無茶な烏野。コンセプトは違えども、似た者同士の壮絶な殴り合い。

勝つのは、どっちだ。

ついに、ついに迎えてしまった最終回。また一つ楽しみが減ってしまった…。

img_5607

img_5601

img_5602

img_5603

img_5604

日向のマイナステンポバックアタックを止められてしまう烏野。

img_5608

img_5611

img_5614

反撃されるもなんとしてもボールを切らさない烏野。

img_5613

トスを呼ぶウシワカ。

img_5616

img_5617

その声に迷いなくトスを上げるセッター、白布。

img_5619

大エースウシワカの最後の最後まで強烈なスパイク。この大事な場面でボールを託されてこそのエース。

img_5620

img_5622

img_5623

が、策士月島。1セット以上かけた壮大な罠でウシワカのスパイクを止めにかかります。この試合はじめて3枚ブロックでストレートを締めにかかります。(今までストレートをわざと空けておき、試合全てをかけてウシワカにストレートは気持ちよく撃てる場所というのを刷り込ませていた)

img_5627

img_5625

img_5642

が、大エースウシワカ、体勢を崩しながらもストレートから咄嗟にクロスへ。凄すぎる。

img_5631

img_5633

img_5643

ウシワカの圧倒的力でねじ伏せられそうになる日向と月島。

img_5644

img_5636

確かに

img_5637

img_5639

個人では

img_5648

img_5641

勝てない。

img_5649

でも、6人でなら。

img_5664

正真正銘最後のチャンスボール

img_5654

フォロー0!スパイカー5枚の同時多発位置差攻撃オール!!

img_5653

いつものように速攻で飛び出して来ない日向。

img_5657
自らタイミングを落としてマイナスからファーストへ。紛れる。

img_5658

img_5659

img_5660

img_5661

img_5662

img_5665

img_5666

バレーボールは‘‘高さ‘‘の球技 大きい者が強いのは明確

img_5667

img_5669

‘‘個‘‘を極めるのも強さ 新しい戦い方を探すのも強さ

img_5670

img_5671

だからこそ 今多彩な攻撃や守備が生まれている

img_5673

img_5674

img_5675

img_5676

img_5677

img_5678

‘‘強さ‘‘とは実に多彩

img_5679

かつて 名将アリー・セリンジャー監督が言った

img_5682

「未来に発展も変革も無いと信じる理由は、

img_5683

無いのである」

img_5680

地に着くボール。

試合終了のホイッスルが鳴り響く。

img_5684

烏野高校vs白鳥沢学園高校

img_5685

勝者、烏野高校。

こんなん、泣かないわけがない。

ありがとうハイキュー。本当にありがとう。

img_5689

あぁ、潔子さん泣いてるのやばい。

img_5692

img_5694

お守りを掲げる澤村。

はよ付き合えよこの2人。

img_5690

img_5695

img_5696

img_5691

img_5697

勝者がいれば当然敗者もいるわけで…。
ライバル校も漏れなく魅力的で人間くさいのがハイキュー、そこが良い。

img_5704

img_5705

ぶち抜きEDで舞台は東京へ

img_5706

img_5708

img_5709
この2校も大好きです

そして次なるステージへ

img_5714

全日本ユース強化合宿の招集を受ける影山

img_5712

img_5713

驚く一同。

img_5715

日向は、どうする?

ってこんなとこで終わったら4期期待しますよ?していいんですね?

img_5716

そしてなんといっても今回1番輝いてたのはこの方。

img_5710

素晴らしいアニメを観させてくれたスタッフの皆様に本当に感謝!
ありがとうございました!

EDテーマ「NICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)/マシ・マシ」

今回のエンディングめちゃくちゃ良いなと思いました!ニコは以前から大好きなバンドなのですが、この曲は聴いた瞬間に「あ、これ好きなやつ」ってなりましたね。

軽い横ノリとポップなメロディで可愛らしい曲だなと思って聴いていましたが、全然そんなことなかったです。徐々に熱を帯びてくるボーカルと演奏、大サビで爆発する感情。そして伝わる熱いメッセージ。すげーかっこいい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
deepriverman.com