仁義なきスリッパ対決。ユニクロ ルームシューズvsニトリ Nウォームおすすめはどっち?!

*2016/11/20 追記

寒い冬の暖かい味方といえば…

スリッパですよね。

ぼくは数年前から履き始めましたが、スリッパがあるのと無いのでは快適度が違いすぎますね。もうスリッパ無しのあの頃へは戻れません。

毎年ユニクロのルームシューズを購入していましたが、今年は、ニトリNウォームなるものも気になっていたので「まぁえぇ機会やな」ってことで(何が)、2足履き比べるためにユニクロ ルームシューズ、ニトリNウォーム それぞれ1足ずつ購入しました。

img_4750

ユニクロの“あのパッケージ”、なんかいいですよね。

img_4749

対するニトリはむき出しで店頭に並んでいました。

さてでは、1カ月間ずつ履き比べて感じた個人的感想を述べます!

ユニクロ ルームシューズVSニトリ Nクール

履き心地

ユニクロ ルームシューズ

img_4756

これこの商品を履いたことある方でしたらお分かりになるかと思いますが、履いた瞬間、“プニュッ”とした柔らかい感触が足の下全体を包んでくれるんですよね。まるでグミの上に足を置いたかのような感触です。高いクッション性と厚みのある『底』で、快適な履き心地です。

ニトリ Nウォーム

img_4753

はぁ、暖かい。履いた瞬間足全体を優しく包み込んでくれます。ユニクロルームシューズのクッションのよう感触は無いですが、こちらも『底』に厚みがあるので、足が疲れません。しっかりとした履き心地ですが、ユニクロルームシューズの、あの感動すらしてしまう履き心地にはやや劣るといった感想です。

保温性

ユニクロ ルームシューズ

ベロア生地のようにサラサラとした肌触りの良いパイル素材が優しく足を運ん包み込んでくれます、温いです。が、単純な保温性でいうとNウォームの勝利です。あいつは、温すぎます。

ニトリ Nウォーム

保温性に関しては、Nウォームというだけあってニトリに軍配が上がりますね。ただ、これ暖かすぎるんです。まだ今の季節だと使用するのが早いかなって感じるくらい、保温性に優れています。この商品の真価っておそらく12月〜2月の真冬です。それにしても本当に暖かい…。

吸湿性

ユニクロ ルームシューズ

保温性に次に気になるのが吸湿性。蒸れるのは嫌ですからね。

保温性に関してはいうことなしのユニクロルームシューズでしたが、吸湿性に関しては正直…といった感じですね。特別蒸れるわけでもないしスリッパなら仕方ないのでしょうが、ユニクロなら!と期待していた感もあります。やはり保温性と吸湿性を両立させるのは至難の業なのでしょうね。

ニトリ Nウォーム

2015-10-17_0556

出典:ニトリ

吸湿性に関してはニトリ Nウォームの圧勝と言わざるを得ません。

「湿気を吸って熱に変換する」というのは本当でした。これだけ暖かいのに蒸れないというのは、ちょっと意味が分かりません。感動しました。

デザイン

ユニクロ ルームシューズ

160823-cover

16_179227

35_179566

出典:UNIQLO

デザインの数でいえば、ユニクロルームシューズの勝ちですね。シンプルなものから可愛らしいものまで圧倒的な品揃えです。コラボデザインもありますし、選ぶのが楽しい。

ニトリ Nウォーム

img_03

782220607

2016-11-20-2

出典:ニトリ

デザイン数でいえばユニクロルームシューズには負けてしまいますが、コーディュロイ素材やモコモコのカモフラ柄など、個性的で面白いデザインのものが揃っています。

価格とサイズ展開

ユニクロ ルームシューズ

・サイズ/男女ともにMサイズ、Lサイズの2サイズ展開

・価格/一律990円(税別)

ニトリ Nウォーム

・サイズ/男女ともにMサイズ、Lサイズの2サイズ展開

・価格/740円or925円(どちらも税別)
デザインによって価格にばらつきがあります。例えばぼくが購入したボアの迷彩柄は925円(税別)ですが、コーデュロイタイプのものは740円(税別)です。Nウォームスリッパに関してはこの2つの価格設定のようです。


結論

どっちもいい!どっちもコスパ最高であることは間違いありません!1000円でこの快適性が手に入るだなんて!

履き心地、デザインの豊富さを求めるからユニクロルームシューズ
保温性、ユニクロにはない気に入った素材やデザインを求めるならニトリNウォーム

ちなみにぼくは、12月〜2月は保温性の高いNウォーム、それ以外は履き心地の良いユニクロルームシューズ、で使い分けてみる予定です。