スマホのモバイルバッテリーはANKER(アンカー)、キミにきめた!~小さくても頼もしい日々の相棒~

年末年始の帰省、長距離移動の方も多いことでしょう。
そんな長距離移動の必需品といえば、

そう、

img_6383

モバイルバッテリーですよね。

スマホなんて充電切れたら無用の産物ですからね。今の時代、他のなにかを忘れたって、お金とスマホさえありゃなんとかなります(身もふたもない)

外出時に充電のことで不安になるのって、ものすっごくストレスになりませんか?
ぼくは普段から常にモバイルバッテリーを持ち歩いていますが、一度出会うともうこいつ無しの生活は考えられません。なのである意味でこの記事は危険です(あなたを運命の相手に出会わす可能性がある)

山のように販売されているモバイルバッテリー、どれを買えばいいかわかりませんよね。ぼくも買うときにめちゃくちゃ調べました。

とりあえず、

ANKER(アンカー)モバイルバッテリーは、間違いないです

実際使ってますが最高です。
Amazonでは売り上げは常に上位、老舗の最高品質を是非。

ANKER(アンカー) モバイルバッテリー

最近のバッテリーのトレンドは、大容量でコンパクトなこと。そもそも、バッテリーのセルのサイズは共通なので、小型化するためには基板の小型化やボディーの設計が鍵になる。小型化すればするほど、本体内の空間が減って温度が上がりやすくなるという。発熱を最小限に抑えるICの開発など、複合的な要因でコンパクトなサイズを実現するのだ。
そして急速充電も1つのトレンドだ。従来の機器よりも充電時の電圧を大きくすることで、流せる電流量を増やし、充電時間を短くするという、「Quick Charge」システム。アンカーは、Quick Chargeに加えて、独自の「PowerIQ」という高速充電技術も自社の製品に取り入れている。PowerIQは、電圧は従来のまま、ポートにつながれたスマートフォンやタブレットごとに適した最大量の電流を自動で判断し、送り込む技術だ。

引用:日経新聞

モバイルバッテリーに関して詳しいわけではないけれど、ようするに、
小さくて大容量でその上、高速充電できちゃうということですね。

普通の人ならこれで間違い無いと思うます。ぼくの使用しているモデルのものでiPhone3回以上充電できますからね(笑)よっぽどでなければ大丈夫でしょう。
それでは、メリットとデメリットを。

ANKER モバイルバッテリー メリット

大容量

iPhone6sを4回フル充電。iPadなどのタブレットでも1回はフル充電できます。Amazon FIRE タブレットは余裕でフル充電できました。まぁ4回もスマホを充電できればまず大丈夫でしょう。

いやいや、もっと充電したい!という方にはこちら。

iPhone6sに7回以上のフル充電が出来てしまいます。ぼくが使用しているモデルのほぼ倍ですね。キャンプ行くときとかいいかもしれません。あとは災害時ですよね。
備えあれば憂いなしですから、ぼくも購入を検討しています。

シリーズはほかにも色々あるので後でまた追記します!

軽量

重さはだいたいiPhoneplusシリーズほどです。とても小さいのでその分重く感じるかもしれませんが、このレベルのモバイルバッテリーでこの軽さはANKERのこのモデルだけです(購入するとき調べました)

サイズ

img_6381

手のひらサイズです。小さい!
だいたいクレジットカードほどの大きさ。厚みもそんなにありません。

コスパ

これがまた、安いんですよ。
Amazonで現在価格2,299円です。

ANKER(アンカー)モバイルバッテリー デメリット

充電が遅い

充電が遅いというのは、ANKERモバイルバッテリー本体に充電するのが遅いってことです。
ANKERからスマホに充電するのはとても早いです。
まぁ寝てる間にでも充電すればいいだけのことなんですけど。ただ充電が遅いというのは覚えておいてください!外出直前に充電しようと思っても全然貯まりません。

まとめ

クリスマス3連休にぼっちで東京に乗り込むという暴挙。

A photo posted by @ft0016 on

ということで、今このブログを大阪から東京に向かう新幹線の中で打っています(夜、ホテルでブログを仕上げて更新する予定。)

img_6324


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
deepriverman.com