サマー・ソニック大阪2017 1日目 感想

サマー・ソニック大阪2017 2日目 感想
サマーソニック大阪2017、2日目は例年通り1人での参加です。 スポンサーリンク SUMME...

SUMMER SONIC大阪2017の感想を、感動が忘れないうちに書きます。

スポンサーリンク

SUMMER SONIC大阪2017 1日目

IMG_2206

2017年のサマソニ大阪 1日目、ぼくのお目当てだったのはこんな感じです。めちゃくちゃ分かりやすい!オーシャンステージのみ!

例年は屋内のソニックステージに入り浸っていたので、久しぶりに夏の太陽の下、灼熱の夏フェスをはしゃぎ倒しました。

THE STRUTS

IMG_2205

サマーソニック公式HP引用

さて、今回の1発目はザストラッツ。

いやぁ初っ端からガツンと盛り上げてくれました。王道のブリティッシュロック、大好物なやつですこれ。
ボーカル ルークがステージを縦横無尽に走り回り観客を煽る煽る。ミックジャガーばりのステージパフォーマンスとフレディマーキュリーを彷彿とさせるボーカル。“圧倒的に正しいブリティッシュロックバンドのフロントマン”。やっぱりロックバンドはこうでなくちゃ。誰だロックが死んだなんて言ったやつ。

巻き起こったシンガロングがオーシャンステージの青空に響き渡った瞬間は、間違いなくこの日最初のハイライトでした。

CIRCA WAVES

IMG_2204

サマーソニック公式HP引用

続く2組目はサーカウェーブス。
彼らのライブを観るのは2年前のサマソニ以来です。ソニッステージからオーシャンステージへと大抜擢の彼らですが、本国ではキャパシティ5000人規模の公演もソールドアウトさせてしまうほどの集客力なので、まぁ当然といえば当然かもしれません。

1stからの曲をメインに、出し惜しみ無しの夏アンセム大量投下には盛り上がりました。やっぱり彼らは夏が似合う。2ndからは2曲のみでしたが、ライブではこの2曲が良いように作用していました。
演奏もステージでの立ち振る舞いも、全てスケールアップして帰ってきてくれたことが嬉しかったですね。単独もお待ちしてます。

ROYAL BLOOD

IMG_2202

サマーソニック公式HP引用

そしてこの日1番見たかった出演者が、そう、ロイヤルブラッドです。
「ロイヤルブラッドはライブが凄い。」とは、度々聴いていましたが、いやいやまさかここまでとは…。もう圧倒的です。圧巻です。もはや音源とは全くの別物。いやCDも最高なんですけどね。ライブはヤバい、スゴイ。デビュー3年目の貫禄じゃねぇだろまじで。

ホルモン、マンウィズ勢が多い中でアウェーな雰囲気が漂っていましたが、そこはさすが今や若手No1ライブバンドとの呼び声高い2人。
空間が歪むような強靭なグルーヴと地鳴りのような轟音で無関心だった観客を踊らせます。彼ら目当てのぼくなんかは、もう狂喜乱舞です。
たった2人だけで鳴らしている音だとは到底思えないほどの音圧。いやぁ、凄い。

ライブはもちろんですが、2人のキャラもいいですね。とくにドラムのベン。マスコット的可愛さがありました。

BABY METAL

IMG_2203

サマーソニック公式HP引用

これは8月22日に放送された日本の某テレビ番組ですが、1分辺りからの箇所見てください。

記者から「ベビーメタルも知っているんですか?」と質問されたときの我らがデイヴグロール。どうですか?このデイヴのムッとした表情。最後にハッキリと「オーマイガー」って言ってます。おいおい…そんなバカなこと聞くなよって感じでしょうね。

そう、つまりはそういうことなんですよ、ベビーメタルの海外での知名度や人気って。
サマソニ初日に話した外国人はもれなく全員ベビーメタル目当てでした。

サマソニ5年目にして遂に2ndヘッドライナー。昨年までは運悪く観たいバンドの真裏でしたが、今年、ようやくベビーメタルのステージを最初から最後までキッチリ全部観れました。

…はい、いやもうヤバイですね。ロイヤルブラッドからヤバいしか言ってないですけど、マジでヤバいです。ベビーメタル、控えめに言っても日本の誇りでしょう。これは好きになりますよ、絶対。

凄いポイントをあげればキリがありませんが、何より驚異的だったのが、SU-METALの声。あれだけ踊って歌って、後ろのスーパーバンドの爆裂轟音演奏に負けない声量って何者?!

可愛い女の子たちがヘヴィメタルをバックに、歌って踊る。そんなアイデア一発の生半可なやつじゃないです。本物です。海外での躍進は伊達じゃありません。彼女たちのライブ、観れるチャンスがあるなら絶対に観たほうがいいです。

FOO FIGHTERS

IMG_2201

サマーソニック公式HP引用

この日オーシャンステージの最後のバトンを託されたのは、我らがフーファイターズ。
初っ端からヒット曲を連発するエンジン全開のスタートに観客のボルテージもいきなり最高潮に達します。

じつはフーファイターズのライブを観るのもはじめてでしたが、デイヴグロールめっちゃ良い人ですね?!先ほどの映像もそうですけど、ぼくら日本人が聞き取りやすいようにゆっくりと話してくれるし、いちいちファンと向き合ってくれる姿勢に感動しました。そりゃ検索にデイヴグロールって打ったら予測に“良い人”って出るだけありますわ。間違いなくロック界で1番良い人でしょ。

王者の貫禄、世界最強のロックバンドの凄みを感じさせつつもデイヴのナイスガイな人柄も感じることができたサマソニ1日目を締めくくる最高のステージでした。

ただ、1つ不満があるとすれば、時間が短すぎる。ヘッドライナーなんだから、できれば2時間くらい演ってほしいですよね。去年のレディへは2時間あったんだし。

あとがき

例年1人で参加してましたが、今年ははじめて友人と一緒に参加しました。

やっぱり感動を分かち合える誰かがいるっていうのは良いものです。ビールも1人で飲むより美味いし。それが1番の思い出かもしれません。

ちなみに2日目は例年通りボッチ参加でしたへへ。

スポンサーリンク