コスパ最強のレザーシューズ『PADRONE(パドローネ)』がオススメすぎる

スーツセレクトのスーツに合う、あるブランドの革靴を買いました。

『PADRONE(パドローネ)』

img_6103

(※画像は使用3ヵ月目のもの)

メイドインジャパンのレザーシューズブランドです。

スーツセレクトのスーツに続いてこれまた良い買い物をしてしまいましたので、紹介したいと思います!

スーツセレクトの紹介記事はこちら↓

お洒落サラリーマン必見!『スーツセレクト』のスーツが評判以上に最高!オススメする4つの理由とお買い得情報。
*2017/10/2 追記 先日、スーツセレクトで秋冬用のスーツを買いました。スーツセレクトではスラックスとシャツの購入経験は...
スーツセレクト商品レビュー 〜評判以上の品質とデザイン、おしゃれ好きサラリーマンの強い味方〜
さて、はじめてスーツセレクトのスーツを購入して1ヶ月と少し。今日、給料日なのを良いことに早くも2着目のスーツセレクトのスーツを買って...

PADRONEとは?

IMG_8745

ブランド名の由来

「PADRONE」はイタリア語で雇い主などの意味を持ちます。 職人の世界では親方(雇い主)の下で技術を学び、経験を経て職人と認められます。 古き良き時代の伝統や技術を継承していけるようにとの思いからPADRONEとなりました。

ブランドのコンセプト

熟練した職人が手作業の「業」に機会の「技」を融合し、一足一足にフカミとヌクモリを与える。 一貫して自社工場で造りだす靴は、履き心地はもちろん、シンプルな中にもファッション性を大切にし、 独自の仕上げにより、コストパフォーマンスの高さを感じて欲しいそんな思いから生まれたファクトリーブランドです。

ここで重要なのは、

PADRONE非常にコストパフォーマンスが高いファクトリーブランドだということ。

PADRONEの魅力

ファクトリーブランド

IMG_8746

ファクトリーブランドとは、ざっくり言いますと、

「有名ブランドの下請け工場が作ったオリジナルブランド」

です。

これどういうことかと言いますと、ブランドネーム(付加価値)が商品に乗っからない分、

有名ブランドと変わらないクオリティの製品を安価で買える

ということなんです。

詳しく説明しますと、多くの有名ブランドは、製品の種類に応じて様々な社外工場に生産を委託しているんです。靴なら靴専門の工場、帽子なら帽子の専門工場という具合に。

それに対して、自社工場で一貫して生産しているブランドがファクトリーブランドなんです。で、このファクトリーブランドは元々は有名ブランドの生産工場、いわゆる下請け工場であることが多いんです。

つまり、しつこいですがファクトリーブランドの製品は、

有名ブランドという冠が無いだけで製品の品質に関しては、
有名ブランドの製品とほぼほぼ大差ない
のです。

そしてPADRONEは元々、
日本が世界に誇るブランド

「コムデギャルソン」の靴製作をしていた下請け工場なんです。

つまり、ギャルソンの製品と変わらないクオリティの靴が2万円台から買えてしまうということです。

これ、ちょっとした事件ですね。

シルエット

IMG_8747

ぼくが今回購入したのは、PADRONEの中でも最もオーソドックスな、

「ダービープレーントゥシューズ」

unnamed

ダブル仕上げのスーツセレクトのスラックスに抜群に合います。
このシューズの1番の特徴はやはりこの独特のシルエット。
トゥ部分がクシュってなって反り返っているのがチャーミングです。プレーントゥでここまでシルエットに特徴がある靴もそうないです。

履き込んでいくうちにもっとカッコよくなってくんだろうなーと思うと、今から楽しみです。

img_6105

img_6104

使用3ヵ月目、いい感じに革に艶が出てきました。

あと、ビジネスシューズってものすごくスタイリッシュなシルエットやデザインの物が多いと思うんですよね。ノーズの長いものや、ワイズが細いものとか。

ぼくは少しクラシカルで重量感のあるプレーントゥシューズを探していたので、この靴はまさにドンピシャでした。

製法[マッケイ製法]

IMG_8748

 「マッケイ製法」

イタリアの伝統的製法。アッパー(甲革)、インソール、アウトソールを一度に縫い付ける。

コバの張り出しが少なく、返りが良いのが特長。 高級靴を作る製法としてグッドイヤー・ウェルテッド製法と並んで独自の地位を保っている。

 

そうなんです。
先ほど紹介したPADRONEのあの独特の反り返りは、このマッケイ製法を用いて生産されているからこそなんです。

マッケイ製法はシンプルな構造と使用パーツが少ないことから、靴本来の美しいフォルムを表現するのに最も適した製法です。
PADRONEのデザインを最大限に引き出すには、まさにうってつけの製法というわけですね。


こだわりの革[ベジタブル鞣しのヌメ革使用]

IMG_8749

アッパーに使用する素材はフルベジタブル鞣しのヌメキップレザーを採用。
一足一足丹念に、多量のオリジナルオイルを含ませ、熱処理を施し、ワックス加工で磨き上げています。
PADRONEの革靴・ブーツには基本的にヌメキップレザーが使用されています。
ヌメキップレザーとは、所謂ヌメ革のことです。
ヌメ革は、植物成分のタンニンを使用して牛の原皮を鞣し、型押しなどの表面的加工をほぼ施さずに仕上げられています。

ヌメ革は、数多くある革の中でも最も革らしい見た目、雰囲気があることから、

“革の中の革”

とも呼ばれています。

PADRONEの革靴には手間暇かかった”良い革”が使われているのです。
 

汎用性[あらゆるシーンに対応]

IMG_8757

PADRONEのダービープレーントゥシューズは、ビジネスシーンはもちろんですけど、プライベート(私服)でもハマります。

太めのデニムやチノパンをロールアップして、このプレーントゥシューズをチョイス。代わり映えのしなかったアメカジスタイルが一気にスタイリッシュで華やかに。

スニーカーももちろんカッコいいですけど、こなれた感、手っ取り早くお洒落さを出すなら絶対に革靴です。
長ツバの帽子をかぶるとさらに今っぽい服装になりそうです。

o0510068013016666493

社会人になって日が浅い方や、ぼくみたいにスーツを着る仕事がはじめてで革靴のバリエーションが少ない方、

取りあえずPADRONE一足持ってれば、仕事も遊びも何とかなります。

IMG_8755

IMG_8751

IMG_8753

 IMG_8752

あとがき

IMG_8756

良いものを長く

3万円、という数字だけ見れば確かに高いですがしっかりケアして履いてあげれば、

5年は確実に保ちます

ということは30000÷5で年間約6000円です。

安い靴買って1年で履き潰すより、
良い靴買って長く愛用するほうが絶対いい
です。

 

やっぱり長く愛用している物には愛着が湧きます。長年の使用でついた傷や汚れは自分だけの味になります。
 
自分だけのものを育てるって楽しいです。

 

付喪神的な

「付喪神」
というものをご存知でしょうか?
 
付喪神つくも神(つくもがみ)とは、日本に伝わる、長い年月を経た道具などに神や精霊(霊魂)などが宿ったものである。
長く大事に使ったものには魂が宿る。
ぼくは、この日本独自の観念が大好きです。
「勿体無い」とかね。

物が溢れ、良いものが安価で買えてしまう現代では、もはや忘れさられてしまった観念なのかもしれません。
でも、日本人って元来、物を大事にする民族なはずなんですよ。
 
いまこそこの付喪神の考えが必要なんじゃないかなと思うんですよね。

 
 

お洒落サラリーマン必見!『スーツセレクト』のスーツが評判以上に最高!オススメする4つの理由とお買い得情報。
*2017/10/2 追記 先日、スーツセレクトで秋冬用のスーツを買いました。スーツセレクトではスラックスとシャツの購入経験は...
スーツセレクト商品レビュー 〜評判以上の品質とデザイン、おしゃれ好きサラリーマンの強い味方〜
さて、はじめてスーツセレクトのスーツを購入して1ヶ月と少し。今日、給料日なのを良いことに早くも2着目のスーツセレクトのスーツを買って...