ケチな人にこそ、BAHARI<バハリ>のガルーシャ財布をおすすめする3つの理由

19185BFD-D631-44C2-931F-4BF86BA9385F

最近、財布を新調しました。

『BAHARI』という日本ブランドの財布です。

FFC93BFB-AD10-42F1-873D-AEF3E5623AC8

YKKの最高級ファスナーにブランドロゴと名前を刻印した贅沢仕様。

E46DA118-EEAB-47C9-B6DF-3A48A4B5D490

財布の中側、ちょうど真ん中あたりに刻印されているブランドロゴ。主張し過ぎない感じが、ちょうどいい。

44022DD9-6718-42D9-844C-26BACF041DB6

F0EDE2F1-F610-4096-B9CF-A52A226A45EE

容量も申し分なし。

■横幅19,3/縦幅10/厚み2,5(㎝)
■ポケット大3、カードスロット12、その他ポケットあり
■ポリッシュ加工ガルーシャ/中:牛革、ポリエステル
*通常のガルーシャ(キャビア)を平らに削った加工(ツルツルとした質感)
*YKK高級ファスナー使用

どこをとっても超お気に入りの一品ですがこの財布の一番のポイントは、『ガルーシャを贅沢に使用した財布』ということです。

ぼくは超がつくほどドケチな大阪人ですが、そんなぼくが人生で一番高い財布を買いました。

ぼくと同じ、ケチな人にこそガルーシャをおすすめする理由をご紹介します。

そもそもガルーシャとは?

ガルーシャってなんだか分かりますか?

E4EE92B2-0AD6-4868-A492-F9DB160EA829

※拡大画像

これ、このつぶつぶ、こう見えてもれっきとした動物の革なんですよ。
なんの革だか分かりますか?ぼくはこれだけ見ても全然分かりませんでした。

あまり引っ張っるのもあれなので、正解をば。

B828875D-208C-4281-BC77-EA71BA5BA76A

BAHARI公式HP引用

そう、

『エイ革』

なんですよ。

海を泳いでるヤツです。

毒針を持つエイ、アカエイ。英名でスティングレイ。

ガルーシャとは、アカエイを加工して作られた革のことなんです。

ちなみにガルーシャという名前の由来は、200年ほど前に実在した革職人の人名だそうです。

18世紀頃のフランスで刀や短剣などの装具やファッションなどに「エイ革」が多く使われるようになり、当時、「エイ革の鞘(サヤ)作り」で第一線で活躍していた革職人『ジャン・クロード・ガルーシャ』の作り出すエイ革製品の技術が、当時の国王ルイ15世の目にとまり、その後、国王と側近の為に技術を振るったことがキッカケに、『この偉大なエイ革職人の名前を指す名称にしよう』ということで、エイ革を総称して『ガルーシャ』と呼ぶようになったと言われております。

BAHARI公式HP引用

すごい人がいたんですねぇ。

ケチな人にこそ高級品のエイ革がオススメな理由

BB62B67B-6812-4973-A379-7695A3596BB6

1.100年間愛用できる

途方もなく長持ちする。本当の意味での一生モノ。

まぁこれがおすすめする理由の7割がこれです。

ぼくはケチなので、物は長く使いたい派です。安いものを毎シーズン買い換えるよりも、初期費用は高くても長く使えるものを選ぶことがほとんどです。その方が長期的にみるとコスパ的に優れているので。物に愛着も湧きますし。

こんな言葉があるそうです。

『牛は30年 エイは100年』

そう、普通に使ってたら100年は持つらしいんですよ、エイの革って。100年ですよ?
医療技術はさらに発達するでしょうが、さすがに126歳まではぼくも生きていないでしょう。もはや子々孫々、代々受け継いでいく勢いですよ。

頑丈

100年もつわけですから、当然超頑丈です。

BAHARIの谷本さん曰く、コンクリートで数分間ガリガリ削っても殆ど傷つかないとのこと(そんなこと恐くてとても出来ませんが)

型崩れもせず、日焼けもしない。革の点滴、水にも強い(そりゃ海の中を泳いでたわけですから当然ですよね(

お前ほんとに動物の革か?と言いたくなる頑丈さです。

リン酸カルシウム

エイ革の主成分はリン酸カルシウムなんですって。

早い話が人間の『歯』と同じ成分なんです。「は?」って思いますよね、ぼくは思いました。

映画やドラマでよくありますよね、焼死体でも歯だけは綺麗な状態で、歯から身元を割り出すみたいな場面。ミイラなんかも歯だけは割と綺麗な状態で残っていることが多いらしいですし。

ようは、生物が生物的に持ちうる中で最も頑丈な成分の一つなわけです。

エイ革加工職人

577FF1D7-9A50-42B4-A16F-68D5CE212963

BAHARI公式HP引用

たとえ素材がこの上なく頑丈だとしても、当然それを加工できる技術が必要です。

ガルーシャはその頑丈さ故、縫い針が折れたり糸が切れたりと非常に職人泣かせの革とも呼ばれ、その加工は困難を極めます。

そこで登場するのが『東南アジアのエイ加工職人』です。

昔からエイ革を利用してきた東南アジアでは、先進的な加工技術を持つ腕の良い『エイ革加工の職人』が多く存在しました。
日本近海にもアカエイは生息しているのですが、皮革としてエイ革に加工できる品種のアカエイが生息していませんので、殆どが東南アジア系より輸入されています。

BAHARI公式HP引用

日本の職人でも加工が困難なエイ革を、東南アジアの職人たちのいわば伝統工芸の力を借りて、製品に落とし込む。えにも言えぬロマンを感じます。

古来より武器作りにも使用

1C5DB36A-922C-4F4D-BE55-8AF81128622D

BAHARI公式HP引用

日本でも『1000年以上前』からエイ革が刀の柄や鞘の部分、兜などの武具の装飾に使われていて、現在もしっかりとした形で美術館や博物館に展示されております。

完全に歴史を超越してます。これまたロマンがありますねぇ。
日本刀の柄や鞘のぶつぶつしたやつがエイ革だったことをはじめて知りました。

2.手入れ不要

革製品を手入れするの、好きなんですよね。

「おぉ、お前、こんなところにも傷できたのか」なんて言いながら、月に一回ほど革製品に愛情込めてレザーオイルを塗りこむ。あれは至福のひとときです。

が、

お金がかかるわけですよ。

レザーオイルを買うにしてもお金がかかる。手間がかかるのはいいんですけどね、革製品を所有すると自ずとお金もかかるんです。

そこのところガルーシャのお手入れはというと、

エイ革は非常に硬く水に強いため、メンテナンスは特に必要なく、汚れたら固く絞った布で優しく吹き上げる位で十分です。

BAHARI公式HP引用

手間がかかなさ過ぎるのは少し寂しい気もしますが、お金は一切かからないと考えていいでしょう。

元々海の生物ですから、革の天敵“水”にもめっぽう強い。

こんな革、他にはありませんよ。

3.縁起がいい

アジアの国々ではエイ革の事を「天眼」「神の目」と崇められ、「泳ぐ宝石・海の宝石」、幸福の魚「ラッキーフィッシュ」とも呼ばれ、とても縁起が良い革素材と重宝されています。

BAHARI公式HP引用

占いとか風水ってあまり信じる方ではないんですけど、エイ革に関してはなんだかとても御利益があるような気がしてます。

『海の宝石』と呼ばれ、高級皮革素材として珍重されてきたエイ革、お財布として使うと『開運・金運UP』するとも言われているそうです(なんだよそれケチなぼくにピッタリじゃねぇか)

日本のガルーシャブランドBAHARI

7255B253-BEC5-4B05-BE6B-6483E0AE5884

「なんかいい財布ないかなぁ」とネットを検索していたところヒットしたのが今回のBAのガルーシャ財布でした。

日本では、「ガルーシャといえばBAHARI」というほど、有名なブランドだそう。

実店舗は東京のみで、ちょうど東京出張中だったぼくは速攻でテンポ視察に。

場所はこちら。

実際に革に手を触れ、ブランドオーナー谷本さんの説明を受け、決して安いものではありませんでしたがその場で即決しました。

財布に惹かれたのはもちろんですが、谷本さんのめちゃくちゃ丁寧な説明と人柄の良さがぼくの購買意欲を爆上げさせました。魅力的なブランドは魅力的な人から生まれるのだな、と。

実店舗は東京だけだと言いましたが、全国の百貨店やセレクトショップで頻繁に催事も行なっているようなので、気になる方は、お近くの際は実物を見ることを強くおすすめします。

▼BAHARI 店舗情報

■住所
東京都台東区元浅草1-3-8 アトラス新御徒町 1階102号室
■営業時間
12:00~19:00
■定休日
不定休

▼BAHARI SNS

HP

Facebook

Instagram

あとがき

基本的に人とかぶるのってあまり好きじゃありません。まぁ誰だってそうだと思うんですけど。

「人と同じものは持ちたくない」

そんな方にもガルーシャはおすすめです。

ガルーシャの財布持ってる方にお会いしたことありますか?ぼくは今のところないです。

●ガルーシャを加工できる職人が限られているので、希少性が高い。
●合成皮革のように安易に革の質感を再現できない。
●そもそもガルーシャ自体が希少価値の高い素材

人と同じは嫌な本物志向のあなた、どうですか?ガルーシャ、良いと思いませんか。

基本的にこのブログでは、自分が手にしたもので、本当にこれいいな!って思ったものしかおすすめしてません。なんですけど、ガルーシャはその中でも別格というか、決して安くはない買い物でしたが、買ってよかったと心から思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
deepriverman.com