漫画『東京タラレバ娘』6巻 ネタバレ&感想 (大阪ドクシン男による)

img_6170

クソ重たい展開で終わった第5巻。いやー、いつか絶対こんなの起こるだろうと思っていたけど、それはなんとなく小雪さんかと思っていたらまさかの香さん。
これを受けての超緊急事態特別会議ではじまる第6巻。どうなるタラレバ娘。

漫画『東京タラレバ娘』5巻 ネタバレ&感想 (大阪ドクシン男による)
KEYに拒絶されるてしまうところで終わってしまった第4巻。 これ以上倫子さんを傷つけないでくれ〜、でもこれ以上悪くなること...
漫画『東京タラレバ娘』7巻 ネタバレ&感想 (大阪ドクシン男による)
倫子さんと早坂さん、お洒落なお店で2人だけの楽しいディナーになるはずだったのに… 個室のトビラを開けるとそこには… ...


スポンサーリンク

漫画『東京タラレバ娘』6巻 煽り文

「ああだったら…」「こうなれれば…」身の丈に合わない幸せを目指しているわけじゃない。でも、ちょっとは夢見てもいいじゃない!そんな気持ちでタラレバ言っていたはずなのにたどり着いたのは、不毛すぎる現実。頑張っているのにあの頃想像した未来がただただ遠い!

引用:講談社コミックプラス

漫画『東京タラレバ娘』6巻 感想とネタバレと

香さんの生理が2週間遅れている…流石に今日は酒を飲む気にもなれない、昼間のカフェで緊急集会を開くタラレバ娘。

事情を知りすぐさま妊娠検査薬を買いに走る小雪さん。ほんと男前だな。

しかし現実を受け止めたくない香さん。

結局検査できないまま、いつものように涼の家に行く香さん。
風邪をひく涼を献身的に看病する香さん。(普段こういうことし慣れてなさそうな女性が頑張ってるのって男性的にはグっときますね)

img_6206

そんなとき、涼に検査薬を見つけられてしまい…

img_6229

しかし、意外にも産むことを容認する、涼(この時点ではまだ検査結果は出ていません)

結局、ダイエットによる生理周期の乱れで妊娠はしていなかった香さん。

そのことを涼に告げると、

img_6207

おい、クソ野郎だなコイツ。この悪気なく素で言っちゃってる感じが本当に腹ただしい。

香さん、目を覚ましてくれ。こんなクズとのこんな関係なんてもうやめてしまえ…そう思っていると、

いつものようにタイミング良く現れるKEY

香さんに、「あんたはセカンドでもなくサードだ」と言い放つKEY。涼にはもう1人モデルの彼女が出来たらしい…。(涼さん、あんたほんまアカンで)

「覚悟は決まったか?」と問いかけるKEY

「決まった」と、そう答える香さん。

そして、

img_6209

KEYの言葉を背に受け、香さんは振り返ることなく涼の部屋を後にする。

img_6228

このシーン、めっちゃグッときました。
今のところタラレバ娘で1番好きなシーンです。

どこか清々しい気持ちの香さんとバトンタッチ、今度は小雪さんの恋です。

一難去ってまた一難というやつです。

禁忌を犯してしまった小雪さん。

不倫ルール第10条:奥さんの不在中にからの自宅に上がり込まない。

img_6213

たった一度の過ち。はじめて入った丸井さんの自宅。丸井さんとの幸せな一晩。

あさ6時に鳴り響くチャイム。
そこに立っていたのは丸井さんのお姉さんでした。

丸井さんの奥さんが帝王切開し出産になることを告げられる。

病院へと急ぐ丸井さん。

「そういうことだからお帰りになって?」と、丸井姉。

ほぼスルー。いまはあなたにかまっている暇はないと言わんばかりの態度。

もちろん小雪さんも悪い。悪いけど…
1番悪いのは丸井さんだよなー。

img_6231

そして最後は我らが倫子さんの恋の。
よかった、6巻は出番ないのかと…。

弟子のマミちゃんと早坂さんが別れたことを知る倫子さん。

ネットドラマの打ち上げで傷心の早坂さんを励ます倫子さん。基本的に倫子さん面倒見いいですよね。

img_6214

お酒が入っていることもあって、早坂さんに大胆にキスをする倫子さん。これ、今までで1番大胆です。そうだよ倫子さん、あなた見た目お綺麗なんだから、そのくらい大胆にいっていいよ!と思ってしまった。

でもそこは誠実な早坂さん。後日改めて話しましょう。と、解散することに。
これ女性的にはどうなんでしょう?ここまでしておいて、また仕切り直しってモヤモヤするものでしょうか?
それとも早坂さん紳士!となるのでしょうか?
僕の感覚では、早坂さん紳士!です。

まぁどちらにしても、涼とか丸井さんには見習って欲しいです。

倫子さんとのデートのために、KEYにオススメのお店を尋ねる早坂さん。

デート当日、倫子さんとともにお店にはいる早坂さん

そこには…

img_6215


スポンサーリンク

まとめ

オィィィイ!KEY!なんやねんお前!何がしたいねん!!
と、思ったけど、口調はキツくても、今までも結局全部、タラレバ娘たちのためになることを言い続けてきたKEY。思えば真っ正面から人にぶつかっていくのはKEYだけですね。
今回の倫子さんと早坂さんの恋?だってお互いが妥協に妥協を重ねたもの。このままゴールインしたとして本当に2人が幸せになれるのかは疑問です。
そんな2人に対してKEYはどんな発言をするのか…。

img_6228

そしてKEYといえば、6巻のこの場面。
ここは本当にグッときました。

1ページ丸々使っての香さんが走り出すシーン。香さんの覚悟のシーン。
東村アキコ先生のコマ割りとか演出って少年漫画っぽいんですかね?少女漫画をあまり読まない僕でも、違和感なくスッと読むことができてすごく心地が良いです。きっと、だからこの作品は男性からも支持されているのでしょう。

なんにせよタラレバ娘面白い。

第7巻はよ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
deepriverman.com