横田卓馬先生の新作サッカー漫画『シューダン!』が本当の本当に面白いのでとにかく読んでほしいです。

2017-07-12

少年ジャンプ公式サイト引用

2017-07-12

横田卓馬。という漫画家をご存知ですか?

週刊少年ジャンプ愛好家界隈ではお馴染みのあの伝説の読み切り漫画『こがねいろ』や、2017年11号を持って大円満のラストを迎えた競技ダンス漫画『背すじをピンと!〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』の作者その人こそ横田卓馬先生なのです。
もうね、『こがねいろ』にしろ『背すじをピンと!』にしろ、とにかく横田先生は漫画を描くのが上手。いや、漫画家なんだから漫画描くのが上手いのは当たり前じゃね?って思うじゃないですか。違うんですよ。漫画ならではの表現を120%紙の上に描き切ることのできる稀代の天才なのです。

で、今回は、横田先生の新作『シューダン!』がマジで半端なくめっちゃ面白いので紹介させて下さい!という、そういう記事です。

スポンサーリンク

横田卓馬の代表作『背すじをピンと!〜鹿高競技ダンス部へようこそ〜』

2017-07-12 (2)

高校進学と共に競技ダンス部へ入部した主人公が、同級生のヒロインや個性豊かな先輩・ライバル達と織り成す青春部活ストーリー。作中では競技ダンスのルール・用語が分かりやすく詳細に解説されている。加えて、主人公とヒロインは特別な才能があるわけでもない全くのダンス初心者として描かれているため、競技ダンスをよく知らない読者が二人の目線に合わせ易い構成になっている。

Wikipedia引用

一般的知名度皆無の競技ダンスという題材を、日本一の知名度を誇る漫画雑誌週刊少年ジャンプで連載するというセックス・ピストルズも真っ青なパンク精神。さすがっす横田先生。
キャラ、ストーリー、ダンス描写、そして青春。もうほんと最高の作品です。
2017年の夏アニメでも社交ダンスを題材にした『ボールルームへようこそ』がありますが、くるのでは?というか、きているのでは?社交ダンスブーム。ということで是非ご一読あれ。

ジャンプでサッカー漫画は鬼門中の鬼門

現代の週刊少年ジャンプでサッカー漫画の連載を始めるという行為はすなわち自殺行為である。

なんとも物騒な言いようですが、これ本当にその言葉の通りで、週刊少年ジャンプの歴史の中でサッカー漫画が打ち切りを免れ長期連載をし無事に円満終了を迎えた作品は『ホイッスル』以降出てきていません。

その『ホイッスル』の連載終了は今からなんと15年も前のことです。もちろん『ホイッスル』以降にも数多の強者たちがサッカー漫画の新連載を立ち上げてきました。『マイスター』、『少年疾駆』、直近では2016年連載開始の『オレゴラッソ』もありましたが、やはり負のジンクスを断ち切ることはできず全2巻で連載終了。ん?LIGHT WING?刹那で忘れちゃった…。どれもこれも粒揃いで勢いに乗ったら面白くなりそうな作品ばかりでしたが、ジャンプの負のジンクス“サッカー漫画は短期打ち切り連載の運命にある”を打ち破ることが出来ませんでした…。

打倒!負のジンクス最終兵器『シューダン!』

IMG_1275

少年ジャンプ公式サイト引用

さぁここでようやく本題。

打倒!負のジンクスの期待を一身に背負った作品、『シューダン!』の簡単な紹介を。

少女との出会いが〝普通〟だった
サッカー少年の心に火をつける!!

王国静岡を舞台に繰り広げられる
少年少女たちの成長ストーリー!!

ジャンプ公式サイト引用

舞台は日本のマンチェスターこと、シズオカ(静岡)。言わずと知れた日本のサッカー王国で、小学校男子の、なんと六割がどこかしらのクラブチームに所属しているという普及率!六割!すごいですね。

この作品は、王国静岡の中のある一つの少年団、ある一つのチームの物語を描いています。

主人公たちのチーム、浜松FCはピンからキリまである数多のチームの中でも中の下くらいの部類。強くもなく弱くもなくってやつですね。
が、しかし、そんな平々凡々なチームがたった1人の新人の加入によって大きく変わっていく。というのが、今のところの大まかな流れ。これまで連敗を期していたチームに勝利するなんて展開にも。で、問題なのがこの新人ちゃんですが、これがなんと女の子!めっちゃ可愛いし。普通の少年漫画ならここで超実力派女子を持ってくるところですが、そこはさすがは横田先生。たしかに実力はありますが、突出するほどのスーパー選手というわけではありません。お!上手いなあの子!くらいのレベル。このリアルさが読んでいて安心する。

『シューダン!』の主人公

■ソウシ

IMG_1270

少年ジャンプ公式サイト引用

この物語の主人公でチーム一の俊足の持ち主。THE小6男子。女の子との関わり合い方が下手くそなところや親の前でカッコつけるところとか、「あぁわかるわ〜」ってなります。良いやつ。

■ナナセ

IMG_1273

少年ジャンプ公式サイト引用

転校のためFC浜松に新しく加入することになった小6の女の子。負けん気が強くて男子顔負けのサッカースキルを持つ男前女子。普段は女の子らしい服装で表情豊かでマジ可愛いよ七瀬ちゃん。

スポンサーリンク

まぁその他のチームメイトもいるんですけど、いかんせんまだ連載大5話で情報が少なすぎるので随時更新していきます。

まとめ

今のところ期待通りどころか期待以上の面白さ。『背すじをピンと!』では主人公二人のキャラが少し弱いかな〜(それが良いところでもある)って気もしていましたし、そこが唯一のウィークポイントでもありましたが、今回はソウシはもちろんナナセちゃんのキャラも立ちまくってます。漫画のキャラクターではあるんだけど、小学6年生の心の揺れ動きはまさに現実のそれと同じ。登場人物のちょっとした機微、心理描写がマジでうますぎる。

ボーイミーツものや青春スポーツものが好きな方は、読んで損は絶対にありません。今ならジャンプ公式HPで3話まで無料公開中ですので、是非。

週刊少年ジャンプ公式サイト