【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚

「惡の華」で有名な押見修造の最新作『ハピネス』第1巻をご紹介。
今のところ5巻まで発売中、まだまだ後追い可能です。

とにかく押見先生の作品は表紙が良いのでジャケ買いならぬ表紙買いをしてしまいそうになります!


最新巻の感想記事はこちら↓

【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』6巻 押見修造節全開 鮮血のダークヒーロー奇譚
半年間、待ち続けたハピネスの新刊がついに我が手に…! 発売日に購入したのですが、感想記事が遅くなってしまいました。申し訳ありま...

【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』2巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
『ハピネス』1巻は物語の導火線のような役割でしたが、この2巻から物語は遂に大きく動き出し、仕込んでいた爆弾に火がつき始めます。 ...
【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』3巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
3巻は2巻とは一転してスピード感は落ち着いた感じですが、ゆっくりと、でも確実にじわじわと蝕まれていくような読み応えがあります。 押見修造の...
【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』4巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
1巻の記事から押見修造節全開!と書いてきましたが、いよいよこの4巻で押見修造にしか描けない世界観が全編を覆い尽くします。 胸糞悪い!で...
【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』5巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
待ちに待ったハピネスの最新刊! 発売日に買いたいほど楽しみな作品がある。幸せなことです。 第5巻、『ハピネス』という作品の大...


スポンサーリンク

漫画『ハピネス』あらすじとネタバレと感想と…

『ハピネス』1巻あらすじ

「このまま死ぬ? それとも、同じになる?」。謎の少女に襲われ、決断を迫られたあの夜──。幸せでも、不幸でもなかった僕のありきたりな日常は、跡形もなく壊れてしまった…。『惡の華』押見修造が描く、鮮血のダークヒーロー奇譚

公式HP引用

『ハピネス』1巻ネタバレと感想

最初に、『ハピネス』1巻の内容を1文にまとめると、夜道で吸血鬼の少女に襲われた冴えない男子高生が、吸血鬼になってしまった自分の変化に葛藤する。です。

img_4789

昼休みにパンを買いに行かされるような、スクールカーストの最底辺に位置する岡崎くん。この地味目な男子高生がこの物語の主人公です。今日日こんな「焼きそばパン買ってこいよ」的パシリが本当にあるんでしょうか?

とにかく押見先生は、地味でイケてない思春期男子の描写が本当にうまい。「クラスに1人はいたよなこういうやつ系男子」を描かせたら右に出る漫画家さんはいないと思います。

img_4790

そんな地味で平凡な岡崎くんはある夜、吸血鬼のノラに襲われてしまい…、一命は取り留めたものの岡崎くん自身も吸血鬼になってしまいます。平凡な岡崎くんはもうどこにもいない…。この上なく非凡な吸血鬼になってしまったのです。

とまぁ、ここまではよくある設定ですがここからが押見先生の真骨頂。

日常生活に戻るも常に血を欲する岡崎くん。理性では抗えない、吸血鬼としての本能が徐々に大人しかった岡崎くんを変えてゆきます。

日常の学園生活にあふれる血の匂いに我を忘れた岡崎君は、「焼きそばパン買ってこいよ」の主犯格の勇樹くんの顔面を思い切りぶん殴ってしまいます。
勇気くんの鼻から溢れ出てくる血の匂いに耐えられない岡崎くんは走って教室を後にします…。

ここら辺の描写がほんと好きです。セリフや言葉ではない、岡崎くんの心の葛藤。「人間としての理性」「吸血鬼としての本能」の争い。

ちなみにスクールカースト最底辺の岡崎くんに殴れられた勇樹くんは面目まるつぶれ。一気に仲間内からハブられてしまいます。さらにつるんでいたDQNの先輩たちにリンチされるというダブルパンチ。勇樹くんの彼女、菜緒さんに助けを求められた岡崎くんは勇樹くんの元へと駆けつけDQNに飛びかかります。

img_4791
そう、もう飛んじゃってます。吸血鬼の身体能力に気づいた岡崎くん。自分は普通ではないことを感じ始め、夜空の月を見上げる岡崎くん。で1巻は終わります。

1巻では執拗に「人間としての理性」vs「吸血鬼の本能」の葛藤が描かれています。なんとかギリギリ人間としての理性を保って血を吸わずにいる岡崎君ですが…。

この漫画の吸血鬼は、人間が水を飲むくらいの感覚で血を吸わないとダメっぽいので、理性崩壊も遠くはなさそうですが、さてさて、どうなる2巻。

スポンサーリンク

あとがき

押見修造らしくセリフは少なく、キャラの表情や心情描写で魅せる展開が多いです。

『ハピネス』1巻はいわば物語の導火線のようで、インパクトある描写は多くありませんでした。この1巻の内容が、これから描かれるであろう壮大な人間ドラマや吸血鬼のこと、そしてダークヒーロー岡崎君の活躍にどうつながっていくのか楽しみです!

「惡の華」×「東京喰種」といった感じの漫画『ハピネス』

ああいう血生臭いダークファンタジーが好きな方には超オススメ。題材的にも、「惡の華」よりも取っつきやすいので押見修造初めての人にも、『ハピネス』オススメです!!

【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』2巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
『ハピネス』1巻は物語の導火線のような役割でしたが、この2巻から物語は遂に大きく動き出し、仕込んでいた爆弾に火がつき始めます。 ...
【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』3巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
3巻は2巻とは一転してスピード感は落ち着いた感じですが、ゆっくりと、でも確実にじわじわと蝕まれていくような読み応えがあります。 押見修造の...
【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』4巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
1巻の記事から押見修造節全開!と書いてきましたが、いよいよこの4巻で押見修造にしか描けない世界観が全編を覆い尽くします。 胸糞悪い!で...
【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』5巻 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
待ちに待ったハピネスの最新刊! 発売日に買いたいほど楽しみな作品がある。幸せなことです。 第5巻、『ハピネス』という作品の大...