100記事分の感謝と愛と。(あと、これからもよろしくお願いします)

いよいよ、ついに、ようやく、
とにかく、このTHE DEEP RIVERSもこの記事で100記事を数えることとなりました。

昨年11月にこんなこと言うてるのにこのザマです。2017年もすでに20日が経過してようやくの100記事目です。ダメですね〜。

長く険しい道のりだった!…とは全く思ってません。
まぁ最初の頃(8月・9月)は見てくれる方もごく僅かで、精神的にかなりキツかったですけど。
いまは1日1300人以上の方が見てくれる日もあります(だいたい1日700~800人)

もう、お前またかよと思われても言います。何度でも言います。

ありがとうございます。

ここまで続けてこられたのは、このブログを読んでくれているあなたのおかげです。

本当に本当にありがとうございます。

“毎日更新”しているブロガーさんは本当にすごい

一定のクオリティを保ち続けながら1日1記事以上を必ず更新するブロガーさん、本当に尊敬します。凄すぎます。
当ブログも毎日きっちり更新してれば、今もう170記事くらいあるはずですからね。

“毎日更新”ブロガーさんは本当にすごい。憧れます。

ぼくに“毎日更新”はできない。

ぼくには、“毎日更新”は出来ないということが5ヶ月半続けてみてよくわかりました。

もちろん“毎日更新”しようと試みた期間もありましたが、「毎日ブログ更新しよう!」と思うと、自分の中でブログが楽しいものではなくなってしまうんです。

「あぁ今日も更新しなきゃ」、「やばい今日のネタ全然考えてない」、「ヤバいたたき台も出来てない」、ヤバいヤバいヤバい…ってなってしまうんです。

調子いいときは連続でも更新出来るんですけどね。そんなのもって2週間です。

ぼくには“毎日更新”は無理だなと思いました。
ブログが楽しいものではなくなってしまう。(これはあくまでぼく個人の話です)
今せっかくブログが楽しくて楽しくて仕方がないので、このまま楽しいまま上を目指していこうと思います。
頑張りはしますが無理はしません。

Take It Easyですね。

THE DEEP RIVERS 人気記事トップ3

第1位 SUIT SELECT<スーツセレクト>おすすめ記事

お洒落サラリーマン必見!『スーツセレクト』のスーツが評判以上に最高!オススメする4つの理由とお買い得情報。
*2017/10/2 追記 先日、スーツセレクトで秋冬用のスーツを買いました。スーツセレクトではスラックスとシャツの購入経験は...

THE DEEP RIVERS 一番の人気記事です。堂々の1位、圧倒的な1位です。

スーツセレクトに関しての記事。
ぼく自身、スーツセレクトのスーツを購入して、本当に買ってよかったと思ったので書いた記事です。

スーツセレクトと同じ価格帯(所謂つープライススーツ)のスーツブランドをとまとめたサイトはよく目にしますが、スーツセレクトに限っては、この記事が情報量が豊かだったということでしょうか。本当に有難いです。

服、音楽、サービス…なんでもそうですが、

これからも自分が良いと思ったものだけを発信してきます。

第2位 ドレスコーズ 志磨遼平 11,000字記事

ドレスコーズ 志磨遼平の魅力について13000字以上で徹底的に語り尽くす。【随時更新】
✳︎2017/3/5 追記 志磨遼平の魅力を徹底的に語り尽くす、果たしてそんなことが可能なのだろうか。 だって、彼に...

こちらも納得の結果です。今のところ当ブログ内の最長の記事です。

まとめ記事系ではなく、一人の人物について11,000字以上、なかなかにクレイジーだと思います(笑)

ぼくが愛してやまない孤高の音楽家(またはペテン師)のドレスコーズ 志磨遼平に関して書いた記事です。

このブログを書いたのはたしか9月はじめだったので、かなり初期の頃です(ブログはじめて2週間とか)

ありったけの想いを込めて書いた記事ですね。有難いことにドレスコーズフアン(同志)の方がこの記事を発見し拡散していただいて、お陰さまで多くの人に見てもらうことができました。

昨年末、東京にお邪魔したときに、ぼくの記事を読んで下さった方々と実際に「初めまして」をしましたが、ライブも映画も自分の好きなことは全部1人で楽しむ癖がついていたぼくは、久しぶりに誰かと分かち合う、分け合う楽しさを思い出しました。

だれかと繋がれる、ブログをやっててよかったと思う瞬間です。

第3位 漫画『ハピネス』感想&ネタバレ記事

【ネタバレ&感想】漫画『ハピネス』 押見修造節全開の鮮血ダークヒーロー奇譚
「惡の華」で有名な押見修造の最新作『ハピネス』第1巻をご紹介。 今のところ5巻まで発売中、まだまだ後追い可能です。 とにかく...

漫画『ハピネス』の感想を書いた記事です。1記事に1巻分の感想を書いています。
まだそれほど知られていないマンガだからか(つまり競争率が低い)、かなり早く検索上位に表示されるようになりました。

漫画が完結するまで更新し続けます。

あとがき

100記事です。いろんな記事を書きました。

全て気持ちを込めて書いたつもりです。

「最新の記事がいつだって最高傑作だ!」くらいの気持ちで書いてます。

200記事、300記事に向けて頑張ります。

これからもどうぞよろしくお願いします<m(__)m>